King&Princeの永瀬廉が、高里椎奈による原作実写映画化した『うちの執事が言うことには』で映画演を務めることが発表された。また、同グループ宮寺勇太が本作でデビューを果たす。

【写真】King&Prince平野紫耀も登場『花のち晴れ』舞台挨拶&レッドカーペットイベント

 『うちの執事が言うことには』は、角川文庫にて2014年3月に刊行され累計35万部を突破した高里椎奈によるシリーズ小説2015年11月にはコミックス化され、2017年3月からは新シリーズ『うちの執事に願ったならば』が始動するなど、ヒットシリーズとなっている。

 18歳にして飛び級大学卒業するほどの頭を持つ烏丸穎(からすまかえい)は、留学先のイギリスから帰後すぐ、日本が誇る名門・烏丸督を継ぐようにから命じられる。穎は新たに執事として任命された青年・衣更きさらぎそうま)と衝突しながら、烏丸を襲う絶体絶命ピンチに立ち向かう。

 本作が映画演となる永瀬は、「初演という事で不安もありますが、脚本を何度も読み込んでいるうちに楽しみという気持ちが日に日に大きくなっていき、撮影するのが待ち遠しいです」とコメント

 主人公穎は、英国帰りのメガネ男子で上流階級の御曹司という役どころ。「父親の命で突然となり、初めは息の合わない執事ともいくつものトラブルを解決しながら人として成長していき、優しさや温かい部分もしっかり表現出来たらと思います」と意気込みをっている。

 名門・赤目御曹司で、大学生ながらスイーツ店のオーナーも務める赤目刻弥(あかめときや)役でデビューを飾る宮寺は、「穎役がメンバーの永瀬廉なので、普段から本人に優しく接してみたり、冷たく接してみたりして、役づくりをしています」と役作りの様子を明かしている。

 原作者の高里は「威厳を持ちたいけれど自信のない新米が永瀬廉さんによってどんな表情を持つ主人公になるのか、一筋縄ではいかない人々と彼らの世界が再構築され、拝見できる日を楽しみにしております」と映画化への期待をにじませた。

 映画『うちの執事が言うことには』は2019年開。

(左から)永瀬廉、神宮寺勇太