先日、Adobe SystemsからAdobe AcrobatおよびAdobe Acrobat Readerの脆弱性を修正するアップデートが公開された。この脆弱性はESETの研究者が2018年3月に発見したある細工されたPDFファイルに端を発している。研究者らはPDFの解析を進め、その時点で未知だった脆弱性を2つ発見したという。

ESETは5月15日(米国時間)、「PDF sample malicious and very powerful when vulnerabilities combined」において、Adobe AcrobatとAdobe Acrobat Readerの脆弱性を発見した経緯やその攻撃方法を説明した。

ESETの研究者が発見した脆弱性は次の2つ。

Adobe Security Bulletin|Security updates available for Adobe Acrobat and Reader | APSB18-09
Microsoft Security TechCenter|CVE-2018-8120 | Win32k Elevation of Privilege Vulnerability

Adobe AcrobatおよびAdobe Acrobat Readerのセキュリティ脆弱性は任意のコードが実行可能というもので、Windowsのセキュリティ脆弱性は特権昇格が可能というものとされている。

Adobe AcrobatおよびAdobe Acrobat Readerにはサンドボックスが実装されており、脆弱性が存在したとしても攻撃することが難しい仕組みが採用されている。今回ESETの研究者は、Windowsの特権昇格の脆弱性を悪用することで、このサンドボックスを回避して任意のコードが実行できるようになっていると指摘している。2つの脆弱性を悪用することで、攻撃が実施できるようになったと説明している。
(後藤大地)

画像提供:マイナビニュース