いよいよ5月22日(火)に発売される、全2巻・計608ページももいろクローバーZ結成10周年記念本。発売に先立ち、同書の監修を務める川上アキラマネージャーによる「読みどころ」を、朝日新聞出版の特設サイトhttps://publications.asahi.com/momoclo/)にて開しました。

監修者・川上アキラる、10周年記念本の「読みどころ」
https://publications.asahi.com/momoclo/


以下、そのダイジェストを一部開!
(文=西澤千央)

――『Book I CHAOS』のほうは「10年間の振り返り」がメインで。ただ年表的に追ってるわけではないので、あたかも自分がそこにいたような気持ちにもなれるのもいいなと。

川上 こんなストイックな本、あります?(笑)文字多いよ! でもいろいろなが入っているのは面いですよね。今現在メンバーがしゃべってて、コラム的にメンバーが当時を振り返る部分もあって、それと同時に昔雑誌でしゃべった発言も載っていて。まさにカオスですよ。

──昔の重な資料も掲載されていますが、あの幻の「台本」を提供したのは玉井さんなんですよね。意外でした。

川上 いやいや、タレントは最初の仕事にそれだけの思いを持ってますよ、マネージメントはその辺を忘れがちですけど。たぶん全員取ってありますよ。

―― 一方の『Book II COSMOS』はよりメンバーの内面に迫ってますよね。インタビューも今年の2月から4月にかけて行われたもので。

川上 自身も対談したり、インタビューを読んだりして「あぁ、こういう捉え方してたのか」って思ったし、彼女たちの変化っていうものがよくわかりましたしね。変化してるなとは感じていたけど、それがより見えやすくなったのがこの4カだったと思います。

――踏み込んだお話をしてくださいました。

川上 印的だったのは、そうね、玉井さんが踏み込んでる。嫉妬とか、悔しい気持ちとか。そういうのを出せるようになったんですよね。本音を話していると思う。

――田さんも……。

川上 そうですね。インタビューでは普段あまり見せない葛を話してますね。ブーさん(高城)は、メンバーへの手紙ですよ。あれ、便せんに2枚って言われてたのに、あの人だけ4枚書いてきやがった(笑)。でもすごくいいこと書いてあって、そういうとこだなって思いますね。

――メンバーのみなさんって普段、不安とか葛を口にしたり、態度で示したりしないじゃないですか。だからこそインタビューでハッとさせられる。

川上 抱えているものをあまり見せないですからね。それはスポットライトが当たったときに表現として見せればいいっていう、そういう美学を教えてしまったのかもしれない。ま、あーちゃん佐々木彩夏)はね、最初からそういうところはありましたけど。

――たとえばインタビューでも、努については多くはらない。そういうところは本当に「川上育ち」を強く感じます。

川上 な話に照れたりね(笑)。でも、そこもまた“らしさ”というか、どうにもつつけない部分があるっていうのもまた魅的というか。まだまだあるんですよ、あの人たち。これから先、何かのときに見せてくれるんでしょう。もわからないですもん、10年経ってもね。

朝日新聞出版ももいろクローバーZ特設サイト
https://publications.asahi.com/momoclo/

全2巻、計608ページ次も一挙開中!

<書誌情報
Momoiro Clover Z 10th Anniversary BookI CHAOS
ISBN9784022586995
定価:2300円(税込)
発売日:2018年5月22日
A5判変並製 304ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4022586990/
Momoiro Clover Z 10th Anniversary BookII COSMOS
ISBN9784022587008
定価:2300円(税込)
発売日:2018年5月22日
A5判変並製 304ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4022587008/




配信元企業株式会社朝日新聞出版

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ