2016年10月にダートを走って以来、6連勝を重ねているグレイトパール。骨折により11か月もの長期休養を強いられましたが、復帰戦のアンタレスSではそういったブランクを微塵も感じさせないほど力強いパフォーマンスを見せてくれました。

「レースを見てもわかるとおり、ずっと長くいい脚を使えるのがグレイトパールの強みです」(片山助手)

 しかし、その反面調教ではこれまであまり動く印象はありませんでした。

「調教でレースのようなロングスパートを続けたら、オーバーワークになりかねませんからね。でも、最近では調教でも動くようになってきたんです。復帰前と復帰後を比べると、そのあたりが一番の変化です」(片山助手)

「先週、今週と終い上がり11秒台が出ています。追い切りに騎乗している川田騎手によれば『トップスピードはあまり変わらないけれど、反応の良さが出てきている』とのことです。すごく楽しみですね」(猿橋助手)

 馬体重は前走のアンタレスSで546キロ。この中間は562キロを記録しています。この体重を支える脚元へのリスクは否めません。

「一戦一戦、とにかく無事にレースを終え、着実に賞金加算して欲しい」(片山助手)

 ダート界は賞金持ちがたくさんいますしね。大舞台でグレイトパールのロングスパートを見るためには、ここは必勝といきたいところです。

(取材・文:花岡貴子)