シャープは5月18日、クラウドと連携する腕時計型ウェアラブル端末「funband」シリーズの最新モデルとして、読売ジャイアンツモデル(SA-BY019)を発表した。希望小売価格は10,000円(税別)で、5月18日に発売する。

funbandは、Bluetoothでスマホと連携することで、試合状況やペナントレースを争う他球団の試合結果などを本体ディスプレイに表示する、腕時計型のガジェット。

2018年5月18日現在、シャープが手掛けるfunbandのラインナップは、セ・リーグの広島東洋カープモデル、横浜DeNAベイスターズモデル、阪神タイガースモデル、中日ドラゴンズモデル、パ・リーグの福岡ソフトバンクホークスモデル、千葉ロッテマリーンズモデル、北海道日本ハムファイターズモデル、東北楽天ゴールデンイーグルスモデル。今回9モデル目として、読売ジャイアンツモデルが加わる。

本体カラーは黒で、バンドには球団ロゴをあしらう。本体には試合会場へ行ったときに、応援を盛り上げる機能も内蔵。内蔵のモーションセンサーが腕の動きを検知すると、「応援アクション」として反応し、バイブレーターが振動したり、LEDが発光したりする。応援アクションをすればするほど「応援ポイント」が蓄積し、funbandユーザーが参加できるプロ野球選手の人気投票に利用可能だ。応援アクションはクラウド上で集計され、その数値が本体ディスプレイに表示される。球場から離れていても、応援アクションの数値を見ることで球場の盛り上がりがわかる。

重量は約39g。Bluetoothのバージョンは4.2。リチウムイオン充電池を内蔵し、試合中で約5時間、試合以外であれば約200時間使える。ディスプレイは白色有機ELで、サイズは約0.77インチ。

funbandを利用するためには、専用の無料スマホアプリのほか、無料の「SHARP COCORO MEMBERS」への登録、および有料サービスへの加入が必要。有料サービスは初回1年分が無料、その後は月額120円となる。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース