バンダイが大人向けソフビシリーズとして「マスターディテール ムービーモンスターシリーズ」を立ち上げ、第1弾商品として劇場アニメ「GODZILLA」3部作に登場するメカゴジラのソフビフィギュアの予約発売がスタートした。

メカゴジラのフィギュアは多数発売されているが、“アニゴジバージョン”のメカゴジラが立体化されるのは初めて。「GODZILLA」の瀬下寛之監督と、造形監督を務めた片塰満則の全面協力のもと、キャラクターデザイン設定を細部まで忠実に再現することにこだわった。ボディは、メカゴジラを構成する“自律思考金属体=ナノメタル”をイメージしたシルバー塗装。片塰造形監督は、「『ナノメタルの印象を造形してください!』という無茶なオーダーに見事に応えていただき、ソフビに対する認識を大きく改めました」と完成度を絶賛し、瀬下監督も「ソフビの概念を超えるディテール再現度に驚がく!」と太鼓判を押している。

「マスターディテール ムービーモンスターシリーズ」第1弾の「メカゴジラ」は、全高約19センチ、全長約45センチ。ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で7月23日午後11時まで購入予約を受け付けており、商品が届くのは11月予定。価格は4968円(税込み、送料・手数料別途)。

なお、劇場アニメ「GODZILLA」シリーズの第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」は5月18日から公開される。

アニゴジ版メカゴジラが初めて立体化