JR総武本線終点の「銚子」(千葉県銚子市)。2018年3月末に、崎の灯台イメージした真っ白な新舎にリニューアルした。その構内に5月19日から、無料でも自由に弾ける「ピアノ」が常設される。

共の場など、なかに突如置かれたピアノは、「ストリートピアノ」とも呼ばれ、日本各地を含め、世界中で出現している。ピアノの音で行く人の心が和んだり、知らない人同士がセッションするなどして人の輪が広がったりと、音楽を明るくする取り組みとして、話題を呼んだ。

Jタウンネットは、今回、銚子ピアノを設置する合同会社ハーモニーに問い合わせ、その経緯を聞いた。


有名音楽プロデューサーが発案

取材に応じてくれたのは、代表の向後功作さん。きっかけは、同社のもうひとりの代表で、音楽プロデューサーの山進さんが、オランダ・アムステルダムにあるストリートピアノ映像テレビで見たことからだったと言う。

さんは、歌手久保田利伸さんなど、数々の大物アーティスト人気アニメーションレコーディングを手がけてきた銚子出身者だ。

「最初に、『銚子でもストリートピアノやってみたい』と相談されたのは、今年の4月。さっそく、新しくなったを見に行ったら、内装がりでピアノの音がキレイきそうな間が広がっていました」

すぐに長に相談したところ、「地元の方や観光で来た方、銚子を訪れるすべての人たちに楽しんでもらえるなら」とトントン拍子で話が進んだ。に置かれるのは、山さんが高校生のころ両親に買ってもらったアップライトピアノで、場所は、コンコースからイベント広場に抜ける通路を予定している。5月19日午後4時からは、ピアノの設置を記念したミニコンサートが開かれる。

「地元で活躍しているアーティスト根本奈緒子さんによるピアノと、佐竹文子さんによるサックス演奏のほか、みんなで歌うコーナーも予定していますので、多くの人に楽しんでもらいたいです」
銚子は音楽とのつながりが深い

でも自由に使えるといわれても、いざとなると込みしてしまいそうだが、どんな使い方が想定されるのだろう。

「待ちあいの時間にとか、ふらっと立ち寄る感覚で使っていただければと思います。奏でるのは、『ネコふんじゃった』でも『ドレミの歌』でもなんでもいいんです。上手くなくてもいい。ピアノの音が間を、みんなで気持ちよく楽しんでもらいたいですね」

銚子の人たちは音楽とのつながりが深いと向後さん。

「以前、銚子市中学高校は、吹奏楽部の活動が盛んで、全大会の常連校が多かったんです。その影もあってか、個人でバンド活動をしたり、音楽サークルがいくつもあったりなど、音楽を楽しんでいる市民が多いように感じています」

実は、向後さん自身も、学生のときは吹奏楽部で、全大会に出場した経験があるそうだ。

今回の「ピアノ」の設置を発表すると、さっそくライブやってみたいという問い合わせが来た。

音楽をきっかけに、点が線になり、やがて面になるように、人々の交流が深まって町が元気になってくれればと思っています」

向後さんと山さんは、今後も「音楽を通じて町を元気にする」取り組みを続けていく。

銚子駅に設置されるピアノ(画像提供/合同会社ハーモニー)