世界的大ヒットを記録した「デッドプール」の続編「デッドプール2」の特別映像が、公開された。デッドプールが、映画の中でからかったデビッド・ベッカムに謝罪に行くという遊び心の利いた内容となる。

「デッドプール2」特別映像「ベッカムに謝罪!?」はこちら!

人体実験で驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまった元傭兵のウェイド・ウイルソン(レイノルズ)が、"無責任ヒーロー"デッドプールとして活躍する姿を描くアクションコメディの第2弾。続編では、未来からやってきた強敵ケーブル(ジョシュ・ブローリン)から謎の力を秘めた少年を守るため、ヒーロー集団「Xフォース」を結成する。「アトミック・ブロンド」のデビッド・リーチがメガホンをとり、日本から忽那汐里が参戦している。

前作で「ベッカムの声、変だよな? ヘリウム吸ってるのかな」と世界的スターをいじったデッドプールだったが、続編の公開を前にスマートフォンのショートメッセージで「悪かった。ゴメンね」と謝罪。その後、ベッカム邸に押しかけ、何度追い返されても山ほどの風船を持参したり、バンドを率いて「謝罪の歌」を披露したり、あの手この手でベッカムに取り入ろうとする。最終手段として、ワールドカップのチケットを献上し、仲直りのハグまでやってのける。

だが、ベッカムに許してもらい調子に乗ったのか、ハグをしたまま「抱き心地最高。体臭がシナモンの香りだ。ずっとこのまま2人で生きよう」とエスカレート。反対にベッカムから、「君が謝るべきは『グリーン・ランタン』、『ゴースト・エージェント R.I.P.D.』、『セルフレス 覚醒した記憶』、『ブレイド3』、『ザ・ブレイン』だ」とレイノルズの過去出演作をけなされ、逆襲を食らってしまう。レイノルズが、「キング・アーサー」など俳優としても活躍するベッカムと息の合ったコンビプレーを披露している。

「デッドプール2」は、6月1日から全国公開。

息もぴったり?