関西電力は18日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の発電を停止し、定期検査に入った。期間は約5カ月間で、9月中旬に再開する予定。高浜4号機の定期検査により、福井県内で運転中の関電の原発は高浜3号機、大飯原発3、4号機(おおい町)の3基となる。

 関電によると、18日午前11時5分ごろに発電を止める操作を行い、約3時間後に原子炉は停止した。営業運転中の高浜3号機も8月3日に定期検査に入る予定だ。