世界一おいしい日本酒”を決めるコンペティション「SAKE COMPETITION 2018」の予審・決審が、5月16日()、18日()に東京都立産業貿易センター台東館にて開催された。

【写真を見る】中田英寿(写真左)と「SAKE COMPETITION 2018 実行委員長」長谷川浩一氏(写真右)

16日の予審では日本国内をはじめアメリカカナダニュージーランドといった世界各地からエントリーした日本酒1772点が会場内にずらりと並び、審37名が決審へ進む日本酒を選出した。

予審には中田英寿も登場し、自身が発案した「ラベルデザイン部門」の審を見守った。中田は会場で今年のSAKE COMPETITIONへの思いをった。

――昨年をえる過去最多の出店・蔵数となった今年のSAKE COMPETITIONですが、予審を見た感想を聞かせてください。

中田「出品数が増えることは非常に大事なことだと思います。内だけでなく海外でも日本酒が広まってきていますが、多くの銘柄があり、どのお酒を選べば良いかの判断が難しいと思います。また、毎年クオリティが高いお酒が増えてきていますが、それが伝わっていないという課題がある中、このようなコンペティションがあることで、どれが美味しいお酒なのか手に取りやすくなるのではないでしょうか」

――昨年中田さんの発案で設立された、「ラベルデザイン部門」ですが、この部門に期待することをめてお伺いできますでしょうか?

「ジャケ買いをする人が必ずいるという中で、特に中身があまりわからない中で選ぶのは“見た”であると思います。日本人外国人問わず大事なことであって、意識してデザインすることは大事なことだと思います。今年はグラフィックだけでなくボトルにられたプロダクトという(観点で)審をしたら面いなと思い、森田さん、阿部さんに審をお願いしました」

――今年は「海外出品部門」が新設されましたが、海外蔵についてはどう思われていますか。

ワインの業界でも、もともとヨーロッパ中心が作られていたワインが、アメリカや南オーストラリアなど様々なところで作られるようになり、広がっていきました。同様に、海外で作られる日本酒も大事だと思います。その(海外蔵の)クオリティがこのようなコンペティションで(日本蔵と)同じレベルで見られた時にどう評価されるかは、作っている側にとって非常に意味があることではないでしょうか」

――日本酒の価値をワインのようにさらに上げるためにはどのような要素が必要だと考えられますか。

「価値を上げる必要はないと思います。何故ならすでに価値があっておいしいからです。イタリアに長くいたのでワインをよく飲んでいましたが、日本酒を飲むようになり、そのクオリティ素晴らしいなと思い今この場にいます。にとっても(日本酒の価値は)すでに世界的なレベルになっているのですが、それがきちんと伝わっていない。大切なのは情報を伝えて、その価値を理解できるよう教えていくことです。その方法をこのようなコンペティションなどいろいろな模索をしながら、いかに伝えていくのかが重要になると思います」

今年は「海外出品部門」を新たに加え、「純部門」「純吟醸部門」「純米大吟醸部門」「吟醸部門」「発泡清酒(スパークリング)部門」「Super Premium部門」「ラベルデザイン部門」の7部門と合わせて、全8部門で審が行われた。

SAKE COMPETITION 2018 実行委員長ではせがわ店の長谷川浩一社長は、今年の日本酒の出来について「内の日本酒レベルはすごく上がっています。どの日本酒も蔵の特徴が分かるような作りになっているなと思いました。海外蔵の日本酒は一言で言うと面い味です。このように内だけでなく海外にも日本酒が普及してきたことは、良いことだと思います。非常に良い日本酒が出そろうSAKE COMPETITIONを通して、どんどん学んでさらに良くなってほしいと思います」とコメントしている。

なお選考の結果は、6月11日()に開催される「SAKE COMPETITION 2018」表式にて発表される。(東京ウォーカー(全版)・国分

ラベルデザイン部門審査委員の阿部潤一(写真左)と同審査委員長の森田恭通(写真中央)、ラベルデザイン部門を発案した中田英寿(写真右)