クラウディアンは5月18日、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の機能をエッジに拡張する「Azure IoT Edge」の複数モジュールを「IoT/AI用エッジコンピューティング装置「CLOUDIAN AI BOX」上に展開し、活用する技術検証をマイクロソフトの協力の元で実施したと発表した。

今回の検証により、AI BOXがAzure IoT Edgeを活用できるIoTデバイスになることに加え、特にネットワークカメラ映像をAIで画像認識するIoTシナリオなどにおいて、大量の映像・画像をネットワーク経由でクラウドに送り処理するのではなく、エッジのAI BOXにてAIを実行し、その処理結果だけをクラウドのAzureで可視化・分析できることが確認したという。

AI BOXは、GPU搭載のNVIDIA Jetson TX2とLTE/Wi-Fi通信モジュールを内蔵した防水・防塵・落雷対策済のエッジコンピューティング装置。一方、Azure IoT Edgeは何百万ものIoTデバイスとソリューションバックエンド間で、セキュリティ保護された双方向通信を実現するAzure IoT Hub上に構築されるIoTを提供するサービス。

今回、Azure IoT Edgeエージェントと、モジュール管理と通信対応するAzure IoT Edgeランタイムを含む、Azure IoT Edgeの複数モジュールをAI BOX上に展開し、以下の検証を行った。

AI BOXにAzure IoT EdgeモジュールをDockerコンテナで展開し、AI画像認識アプリケーションのワークフローを実行
エッジのAI BOXでの分析・処理結果をクラウド側Azureに送信し、Azure IoT Stream Analyticsで可視化・分析

次の段階としては、エッジで収集したサンプルデータをもとにAIの自動学習をAzureで行い、認識精度を高めてAI BOXに展開する「AI再学習サイクル」の構築を計画している。

また、ユーザーニーズに応じて、Azureの仮想サーバにS3 API互換のオブジェクトストレージ製品「HYPERSTORE」ソフトウェアを展開し、サンプルデータのマネジメントに使うことや、オンプレミスのHYPERSTOREとAzureのBLOB(Binary Large OBject)ストレージを連携する活用も検討している。
(岩井 健太)

画像提供:マイナビニュース