スウェーデンのレジェンドがつま先を踏まれた相手にビンタで反撃、一発退場に

 米国のサッカーで、あの元スウェーデン代表のレジェンドが信じられないような愚行で退場処分を食らった。つま先を踏まれた相手に対して、すかさずビンタをお見舞い。一発レッドカードが出された。このシーンをMLS(メジャーリーグサッカー)の公式ツイッターが動画で公開。米メディアもこの場面をクローズアップしている。

 ロサンゼルス・ギャラクシーのズラタン・イブラヒモビッチが、最悪の形で脚光を浴びてしまった。21日(日本時間22日)のモントリオール・インパクト戦だ。前半の41分。イブラヒモビッチを執拗にマークする、相手チームのマイケル・ペトラッソにつま先を踏まれた。

 次の瞬間だ。イブラヒモビッチのイライラがピークに達した。右手でペトラッソの右側頭部付近にビンタをお見舞いしたのだ。崩れ落ちる相手と同時に、自身も右足のつま先を気にするそぶりを見せながら、うずくまったのだ。

 誤魔化そうとしたが、見逃されるはずがない。ビデオ判定で確認したレフェリーは、つま先を踏んだペトラッソにイエローカード。そして悪質なビンタを繰り出したイブラヒモビッチにはレッドカードを提示した。イブラヒモビッチは両手を膝についてガックリとうなだれていた。

「ズラタン・イブラヒモビッチが平手打ち後に負傷したふりをしてレッドカード」

 こう報じているのは米地元紙「USAトゥデー」だった。

「ギャラクシーのファンはズラタン体験の違う側面を目の当たりにした」

「ズラタン・イブラヒモビッチはLAギャラクシーの最もダイナミックな才能だろう。彼はMLSのレベルを変えうる――時に悪い方向へ。月曜、ギャラクシーのファンはズラタン体験の違う側面を目の当たりにした」

 イブラヒモビッチの未だ衰えぬポテンシャルの高さは、誰もが認めるところだが、以前からしばしば垣間見られる素行の悪さも表面化したことを伝えている。

 このプレーを公開したMLSの公式ツイッターには、ファンから呆れるような書き込みが相次いでいた。

「レジェンドなだけで、MLSのルールより上ということではない」
「競り合ってつま先を踏むのは許容範囲。平手打ちやパンチはノーだ」
「二人同時に倒れこむ様子が好き」
「ズラタンへのリスペクトが薄れゆく…」
「ライオンの行動じゃないね笑」
「いやいやいや。神たるズラタンに足を乗せるなど許されない。罪だよ」

 ロシアW杯のスウェーデン代表に返り咲くことはかなわず。そんなうっ憤もたまっていたのだろうか。イブラヒモビッチが米国でも“らしさ”を発揮してしまった。(THE ANSWER編集部)

ズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】