「やわらかシロコッペ」は、大丸梅田店に9月末まで期間限定でオープンしているコッペパン専門店。ご存知「コメダ珈琲店」を展開するコメダが手がけているとあって、こだわりはひとしお。そんな「やわらかシロコッペ」に4月27日から、フルーツを使ったスイーツ系や自慢のポテサラ使用の総菜系まで、3種の新味が登場。実食レビューと、定番のシロコッペ人気ランキングベスト3をご紹介!<※情報関西ウォーカー(2018年5月22日発売号)より>

【写真を見る】<ベスト1>「小倉マーガリン」(250円)/やわらかシロコッペ

スイーツも総菜満足できる新コッペ

コメダ専用の上質な小麦粉と、良質なタンパク質が多い強粉を配合し、時間をかけて低温発酵。そして低温でじっくりと焼き上げるため、てしっとりとしたパンができ上がる。具材もコメダ珈琲店で使用している小倉あん、自慢のポテサラなどを店内で一つ一つ丁寧に詰める。コメダの味が店に入らずして食べられるのだから、人気が出ないはずがない!

フルーツホイップ」(中央・330円)。優しい甘さのホイップクリームと、ミカンパイナップル人気フルーツサンド味、甘味が絶妙。

静岡県クラウンメロン」(280円)。メロン王様マスクメロンのなかでも最高級品と言われる、クラウンメロン味のクリームがたまらないおいしさ。

「めんたいマヨポテサラ」(手前・360円)。「めんたいパーク」を手がける「かねふく」の生めんたいマヨと、自慢のポテサラを上下にぎっしり詰めた贅沢品。

(ライター高田)新作のなかでも特にお気に入りは、クラウンメロン。ひと口食べるとメロン味が口いっぱいに広がります。昔食べたメロンクリームが上品になってよみがえった感じで、懐かしさすら覚えました。

(ライター上田)食べ応えもあるめんたいマヨポテサライチオシ。ジャガイモゴロゴロ入った優しい甘さのポテサラは食感も楽しく、たっぷり塗られた明太子との相性もバッチリ。小がすいた時に食べたい!

オープンから約2か半!人気シロコッペランキング

コメダ珈琲で使用している小倉あんがたっぷり。

2色弁当のような組み合わせがどこか懐かしい。

サクサクのクッキーの食感がアクセント。

一つ一つ丁寧にパンに具を入れてくれる。

■大丸梅田店<住所:大阪市北区梅田3-1-1 電話:06-6343-1231 時間:10:00~20:30土10:00~21:00 休み:不定休 交通:JR大阪駅と直結>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

「フルーツホイップ」(中央・330円)、「静岡県産クラウンメロン」(奥・280円)、「めんたいマヨポテサラ」(手前・360円)/やわらかシロコッペ