レアルに所属するクロアチアの司令塔モドリッチが“移籍懇願コメント”

 ブラジル代表は現地時間3日、英国リバプールでクロアチア代表と国際親善試合を行い、2-0で勝利を飾った。エースのFWネイマール(パリ・サンジェルマン)が3カ月半ぶりに復帰し、いきなり決勝弾をマークする千両役者ぶり。そして試合後、ネイマールが見せたクロアチアの司令塔とのやりとりが話題となっている。

 ベンチスタートとなったネイマールは、後半開始と同時にピッチに立った。同24分、左サイドでボールを受けて得意のドリブルでペナルティエリアに侵入。巧みな切り返しで相手の守備を翻弄すると、右足を一閃して豪快にネットを揺らす先制ゴールを奪ってみせた。

 ブラジル代表は後半アディショナルタイムにFWロベルト・フィルミーノ(リバプール)が追加点を奪って2-0で勝利。右足骨折を乗り越えたネイマールにとっては、完全復活を高々と宣言するようなエースらしい活躍だった。

 プレー同様に注目を浴びたのが試合後の光景だ。ブラジルサッカー連盟の公式ツイッターは、ネイマールがクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)とお互いにサインを入れ合い、ユニフォームを交換している動画を公開。英紙「メトロ」によれば、一連のやりとりの最後にモドリッチは「僕らは君を待っているよ」と発言し、ネイマールは笑って反応したという。

 今季フットボール史上最高額の移籍金でPSGに移籍したネイマールだが、かねてからレアル行きの噂が絶えない。バルセロナ時代の宿敵で司令塔を務めるモドリッチからの“ラブコール”は、カナリア軍団のエースの心に響いたのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

ブラジル代表FWネイマール【写真:Getty Images】