W杯後の代表引退も囁かれるなか、国内最後の試合で観客も大拍手で別れを惜しむ

 スペイン代表は現地時間3日に行なわれた国際親善試合スイス戦で、1-1のドローに終わった。ロシア・ワールドカップ(W杯)前にJ1ヴィッセル神戸への移籍を決めたMFアンドレス・イニエスタにとって国内最後の代表マッチとなったが、スタジアムの観衆から惜しみない拍手を受けた。スペイン紙「マルカ」によるとフレン・ロペテギ監督もイニエスタの有終の美を飾りたいと話している。

 試合は予想通りスペインがゲームを支配する展開となり、前半29分にMFダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)の浮き球パスにDFアルバロ・オドリオソラ(レアル・ソシエダ)がボレーシュートを決めて先制。イニエスタも中盤センターの位置でゲームを支配した。後半17分にMFリカルド・ロドリゲス(ACミラン)に同点弾を決められて勝利こそつかめなかったものの、同10分にイニエスタが交代する際には会場のエスタディオ・デ・ラ・セラミカから万雷の拍手を受けた。

 イニエスタは8年前の南アフリカW杯決勝で母国を初の世界一に導く優勝決定弾を決めて以降、スペイン中で愛されるプレーヤーとなった。そんな彼にとってロシアW杯をもって代表引退が濃厚とされるなか、スペインでの最後の試合ということもあり観客も別れを惜しんだ。このシーンについて、ロペテギ監督もこのように話している。

「このオベーションは彼のキャリアを通じてのパフォーマンスによって贈られたものだった。私にとって最も重要なことは、彼がどんなプレーをしてきたかだ」


“イニエスタを送り出すために”の思いで一致団結へ

 W杯制覇と欧州選手権2008と2012の連覇と、ここ10年間のスペイン代表の躍進はイニエスタによって支えられてきた。その偉大さを称えるとともに、再び栄光を手にして稀代のゲームメーカーの花道にしたいと考えているようだ。

「我々は計画した通りに彼が去れるようにしたいし、彼が我々に与えてくれるものについて心に留めておくよ」

 前回ブラジルW杯ではグループリーグ敗退の憂き目にあった“無敵艦隊”だが、イニエスタを送り出すためにというモチベーションでロシアの地に乗り込んできそうだ。


(Football ZONE web編集部)

国内最後の試合で観客も大拍手でイニエスタとの別れを惜しんだ【写真:Getty Images】