イスラエル戦に向けた練習のなかで、ポストをかすめてネットを揺らす完璧な一撃を披露

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身4度目となるワールドカップ出場が間近に迫っている。ロシア大会限りでの代表引退もほのめかすなか、“唯一手にしていないタイトル”と言われるW杯優勝を目指して調整を続けているが、アルゼンチンサッカー協会(AFA)は公式ツイッターにFK練習の動画をアップ。ポストをかすめてネットを揺らす“神業弾”に、「魔法の左足」「全てにおいて圧倒的」と称賛されている。

 アルゼンチン代表は現地時間5月29日にハイチと親善試合を行い、メッシのハットトリックの活躍で4-0と快勝を飾った。6月9日には最後のテストマッチとなるイスラエルとの一戦が控えるなか、選手たちは日々トレーニングに汗を流している。

 AFA公式ツイッターは3日、一本の動画をアップした。映像はメッシがペナルティーアーク後方からFKを放つ内容となっているが、左足を振り抜いた一撃はものすごい回転とともにゴールへ一直線。懸命に手を伸ばすGKをあざ笑うかのように右ポストをかすめ、ボールは逆側のサイドネットに突き刺さった。

 AFAが「ボックス外からのシュートで我々の主将リオネル・メッシが魔法の左足を披露している」とエースを称えると、コメント欄にもファンから驚きの声が相次いだ。

「メッシがメッシを証明している」
「絶対に止められない一撃だ」
「W杯優勝へ左足を振り抜く」
「全てにおいて圧倒的」
「あのボールの高さからちゃんとネットに収まるとは…」

 その左足で今大会は何ゴールを生み出すのか、日に日に期待は高まるばかりだ。


(Football ZONE web編集部)

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】