マンチェスター・Cに所属するFWレロイ・サネは6日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むドイツ代表メンバーからの落選を受け、自身のInstagramに心境を綴った。

 サネは「失望を感じている」と率直な心境を明かした一方、「決断を受け入れなければいけない。逞しくなって戻ってくるために全力を尽くす」と前向きな言葉を残した。「成功を願っている。ぜひ優勝してほしい!」とドイツ代表メンバーへエールを送った。

 22歳のサネは、今シーズン32試合に出場し、10得点15アシストを記録。その活躍ぶりが認められ、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選ぶ最優秀若手賞に選出されていた。

ドイツ代表から落選したマンC所属FWレロイ・サネ [写真]=Getty Images