今季限りでシティ退団のY・トゥーレ、ペップとの決裂を公に

 今季限りでマンチェスター・シティを退団した元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、ライバルチームにあたるプレミアリーグの“トップ6”への加入を望んでいることを、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

 Y・トゥーレは退団表明後に、ジョゼップ・グアルディオラ監督に対し「彼はどこへ行ってもアフリカ人との間に問題があった」と痛烈に批判し、人種差別的な振る舞いがあると指摘。指揮官との間に生じた亀裂を公にした。

 また、代理人を務めるディミトリ・セルク氏もペップの対応に苦言を呈しつつ、トゥーレがプレミアリーグに留まることを望んでいる意向を明かした。

「今、ヤヤには様々な国から多くのオファーが届いている。莫大なオファーもあった。それでも、来季はグアルディオラに捧げようと決めていたんだ。シティのファンに、まだ引退には程遠いことを証明し、示そうとね。彼はエネルギー満タンであり、来季もイングランドでプレーすることを望んでいる」


“トップ6”のためなら「ヤヤは週給1ポンドでプレーできる」

 さらにセルク氏は、トゥーレの“トップ6”への移籍に強いこだわりを見せ、そのためなら格安の給料でも厭わない姿勢を示した。

「イングランドでは選手に対し巨額の資金を投資しなければならないなかで、ヤヤはフリーエージェントとしてトップ6のどこかで週給1ポンドだけでプレーする準備ができていると正式に宣言する。成功報酬としてちゃんとしたボーナスをもらえれば十分だ。ヤヤのような選手は、アーセナル、チェルシー、ユナイテッド、トットナム、リバプールにとって決して悪い選択肢にはならないことを約束するよ。彼は勝利を経験してきた選手だ」

 同記事では、トゥーレ側がプレミアのトップ6入りに熱心になる理由について、「グアルディオラに依然としてトップレベルで戦えることを証明するために、シティのライバルへ赴こうとしている」と伝えている。決別という形で長らく在籍したシティを去ることになったトゥーレだが、来季はライバルチームの一員としてペップと顔を合わせることになるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

今季限りでマンチェスター・シティを退団したヤヤ・トゥーレ【写真:Getty Images】