原作者の過去の差別ツイートが問題となり、アニメ化中止が発表されていた「二度目の人生は異世界で」ですが、ホビージャパンから発売中の原作ライトノベル(既刊18巻)についても出荷停止となったことが分かりました。

【画像:アニメ版は放送・制作中止に】

 ホビージャパンは公式サイトで、作中の一部表現について「多くの方々の心情を害している実情を重く受け止めております」とコメント。また「作品の内容とは切り分けるべき事項ではありますが、著者が過去に発信したツイートは不適切な内容であったと認識しております」との見解を発表しています。

 今後の書籍の取り扱いについては「慎重な対応をおこなってまいります」と明言は避けていますが、ホビージャパン広報に確認したところ「現在、出荷は全て停止しています」と回答。出荷再開や続刊など今後の予定については「現状では未定」とのことでした。

 「二度目の人生は異世界で」は“まいん”氏による作品で、2014年より「小説家になろう」で連載、書籍版は現在18巻まで発売中。2018年10月からはアニメ版も放送予定となっていましたが、原作者が過去にTwitterで中国や韓国に対するヘイトスピーチを行っていたことなどが問題となり、アニメ化の中止が発表されたばかりでした。

「二度目の人生は異世界で」1巻(Amazon.co.jpより)