法政大の学生が講義中に非常識な行動を取っていたとの報告がツイッターに寄せられ、インターネット上に「ありえない」「流石にこれは...」といった疑問や批判が出ている。

話題となった投稿などによれば、学生の受講態度に激怒した教授が、講義を中断して教室から去った後に「事件」は起きたという。

「これは許される行為なのだろうか」

騒動の発端となったのは、法政大社会学部の学生だというあるユーザー2018年6月6日投稿したツイートだ。

先生教室出てってから先生が置いてったノート写真撮るために群がってる連中がいる笑 これは許される行為なのだろうか?」(原文ママ

投稿には、教壇の周りに10人近くの男女が集まっている写真も添えられており、中心にいる男子学生が机の上をスマホで撮影している様子が確認できる。周囲の学生は、こうした行為を笑顔で見ている。

いったい、何があったのか。一連の騒動を同じ教室撃したという投稿者とは別のある学生は7日、J-CASTニュースツイッターを通じた取材に応じ、トラブルの経緯について次のように説明した。

まず、この講義は「ミクロ経済学」で、受講生が多いため大教室で行われていた。担当教授が離席したのは、一部の学生教室の後方で床に寝そべり、スマホをいじりながら談笑していたためだ。

教授はこうした一部学生の受講態度を咎めたが、当人たちは注意を視。これに教授激怒し、講義に必要な具を放置したまま教室を去って行った。その後、別の学生たちが教壇に残された講義用のノートの撮影を始めたという。

投稿者の学生が取材を拒否したワケ

一部学生の非常識な行動を告発した投稿ネット上で注を集め、ツイッターネット掲示板には、

「流石にこれは見たことない」
「切れて帰った先生の忘れたノート盗み見るって民度やばすぎやろ」
「何のために講義でてんの?」

といったが上がっている。

こうした騒動について、法政大学広報課の担当者は7日夕、J-CASTニュースの取材に対し、

「本件について事実確認を現在調中です」(原文ママ

と回答。ただその後、「本学として、学生のプライバシーへのご配慮もお願い申し上げます」とだけ追加で連絡があった。

J-CASTニュースでは、話題となったツイート投稿した学生当人にも取材を依頼していた。だが、この学生は「大学側の不利益になりかねないので取材は受けないでほしい」との連絡を大学から受けたと説明。そのため、今回の取材には応じられないとのことだった。

大学の講義中に学生がまさかの行動に…(写真はイメージ)