Twitterの利用規約改定で13歳未満の利用が禁じられたことから、企業の公式アカウントなどで「サービス開始日を登録したら13歳未満と扱われ、アカウントが凍結された」といった事態が発生しています。

【その他の画像】年齢制限がない改定前の規約

 規約は5月25日に改定され、「本サービスを利用するためには少なくとも13歳(Periscopeの場合には16歳)以上でなければならないものとします」という文言が加わっています。その影響でアカウントをロックされたという報告も相次ぎました。

 例えば、サービス開始から7年のLINE公式アカウントが誕生日を登録したところ、13歳未満としてアカウントが凍結に。Twitter運営元に連絡をして凍結は解除されたと報告しています。他にも同様の報告があり、身分証明書を提示して解除申請し、凍結解除されたケースもあれば、まだ解除されていないというケースも見受けられます。

 年齢を13歳未満に設定してしまい凍結されたというのは理解できますが、「13歳以上なのに凍結された」という報告も散見されます。これについては「現在13歳以上でも、Twitter登録時に13歳未満だと凍結されるのでは」との指摘も見受けられます。しかし、Tiwtterの規約には「改定は溯って適用されることはありません」と記載されています。過去には13歳未満の利用を禁じる規約があった時期もありますが、編集部には「13歳未満の利用は禁止と記載されていなかったときにアカウントを作成したのに、年齢制限を理由にロックされた」との報告も寄せられています。

 編集部ではこうした報告についてTwitter広報担当者に「13歳以上なのに年齢制限を理由に凍結されることはあるのか」「年齢制限はどういったプログラムで行っているのか」「間違いだとして解除してもらうためにはどういった方法があるのか」と質問しましたが、「個別のことには言及できない」と、「Twitterサービス利用規約」「Twitterプライバシーポリシー」の文言が送られてきたのみでした。プライバシーポリシーにも「Twitterのサービスはお子様を対象とはしておらず、13歳未満のお子様によるTwitterのサービスの利用は禁止されています」と記載されています。

 ひとまず、お店やサービスなどの公式アカウントについては、「中の人」の誕生年を設定するのがよさそうです。

最新の利用規約。13歳未満は利用禁止に