いまの職場に嫌気がさして、転職したいと思ったことはあるだろうか?

   総務省統計局の平成29年「労働力調査」によると、2017年の転職者は311万人と、ここ5年間で24万人増えている。年齢別に見ると、25~34歳が79万人と最も多く、転職者全体の4分の1を占める。そんなアラサー世代の、悲喜こもごもな転職事例を取材した。

  本記事で紹介するのは駒澤大学を卒業後、新卒で美容業界に飛び込んだ、及川ゆかりさん(仮名・29歳・神奈川県出身・満島ひかり似)の事例だ。

◆朝から晩まで9連勤は当たり前

「もともと興味のあった美容業界を目指して化粧品や大手美容エステサロンなどにしぼって就活をしていました。何社か内定をもらいしましたが、わりと大手よりローカル志向というか、中小でも地域密着の方が私の趣味的には合っているかなと思い、本社が実家からも近かった会社に就職することにしました」

 一都三県で店舗を展開する、社員数70人ほどの女性向けのエステサロンに新卒採用で入社。入社後は研修を経て、東京都多摩地方某市にある店舗へ事務職として配属された。

「月給は25万円。私は事務だったのでそれだけでしたが、実際に施術する人はさらに店舗の売り上げの5%のインセティブが発生していたみたいです」

 額面だけで見れば初任給で25万円かなり魅力的なようにも思えるが。

「そもそもお店の営業時間が長くて。普通は早番・遅番とかあると思うんですけど、まったくなかった。出勤日は営業している間は基本ずっといる感じ。9~18時が定時でしたが、だいたい22時くらいまで働いていました。月23日は出勤だったので残業時間は90~100時間くらいの計算です。それなりに暇な時もありましたが、月末は、売り上げの締め日で施術する人も営業をかけるため、お客さんも増えてかなり忙しい。そういう時は朝から晩まで9連勤することも珍しくなくて、体力的にしんどかったです

 休みは他の店舗も掛け持ちしている主任というポジションの社員が、業務を代わってくれていたそうだが、基本的には売り上げの管理などの計算、シフト組み、商品の化粧品の在庫管理など、店舗運営のためのさまざまな事務を一手に担っていたという。

「代わりの人もいなくて、入社して半年経った後は事務の仕事をずっと一人で全部やっていたから、精神的につらいものがありました。風邪を引くと怒られるし……。社保はあったけど有給日数は教えてもらえず、ないものにされていたという状態で1日も使ったことない。説明すらされない。契約書もなかったので、みなし残業がどれくらい付いていたのか、いまだによくわかりません」

 入社して3年半が経った頃、体調を崩して病院へ駆け込んだ。そこで倒れたのが直接の退職のきっかけになったという。美容部員にもかかわらず、やめたときは心身共にボロボロのは皮肉な話だ。

◆最大7万円の自爆営業というオプションも

 長時間労働で倒れたのが直接の退職理由だが、彼女が退職した理由は他にもある。

 “自爆営業”だ。

「美容エステなので化粧品を売っていたんですけど、自分たちのお金で化粧品を買い、売り上げを上乗せするというのがあって。MAXで月7万円使ったこともありまた。しかも私は事務職でインセンティブのない職種なのできつかったです。でも、ノルマのキツい店長はもっと買っていました。売り上げが悪くない月でも、毎月3万~5万円程度は当たり前のように買わされて、長く続けるところじゃないなと思いました」

 もっとも、自爆営業はエステサロンならどこであってもおかしくないものらしい。

 女性向けのサロンのため従業員は全員女性だったようだが、人間関係はどうだろうか。

「20代の若いコがやはり一番多かったんですけど、50代のパートさんもいて、年齢層が広かったし、同年代もサバサバしていい人が多かったから、少なくともうちの店舗はあんまり人間関係で悩むことはなかったですね。たまに夜ご飯を一緒に食べたりすることもありました。産休制度はあったみたいですけど、周りで実際に使っている人はいなかったです。多分、みんなそのまま辞めていくんでしょうね……

 ちなみに教えてもらった社名を検索してみたが、地図情報が申し訳程度に掲載されたサイトがあるだけで、日刊SPA!取材班では会社概要などのページは見つけられなかった。

「先日、お店を調べたらホットペッパービューティーにも出なくなっていました……。私は退職して1年ほど実家で休んだ後、今は大手食品メーカーの事務職として働いています。給料は少し目減りしましたが、労働環境やその他の待遇を考えると今の会社は天国です」<取材・文/伊藤綾>

美容業界を辞めたことに後悔は一つもないという