エジルとともにトルコ大統領を表敬訪問し批判浴びる

 マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、現地時間8日にレバークーゼンで行われた国際親善試合サウジアラビア戦(2-1)で自国のファンから大ブーイングを浴びる羽目になった。英公共放送「BBC」が報じている。

 2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)王者のドイツ代表は、ホームでサウジアラビアと激突。ロシア大会開幕前最後のテストマッチに挑んだ。

 前半8分にMFマルコ・ロイス(ドルトムント)のお膳立てからFWティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)が決めて先制すると、同43分にはオウンゴールで追加点。後半にPKのこぼれ球を押し込まれる形で失点したが、2-1で2018年初勝利を飾った。

 そうしたなかで、ネガティブな話題の主人公となったのがギュンドアンだ。

 トルコ人の両親を持つギュンドアンは先日、同じくトルコにルーツを持つMFメスト・エジル(アーセナル)とともにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領を表敬訪問。これが政治的な意図が介在しているのではという批判を呼び、物議を醸していた。


ボールタッチのたびにブーイングが鳴り響く

 ギュンドアンはサウジアラビア戦の後半12分に、ロイスと交代してピッチに立った。しかし、ボールタッチのたびにスタジアムに詰めかけた観客が大ブーイング。エジルはこの試合を欠場したため、批判の矛先はギュンドアンだけに向けられた。

 一連の騒動について、ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督はギュンドアンを擁護。「このトピックは腹立たしいものだね」と遺憾の意を示している。

 ギュンドアンも批判に対して、ドイツのサッカー専門誌「キッカー」で「僕やメストに対して浴びせられた批判は、決して100パーセント正しいものだとは思わない」と反論していた。


(Football ZONE web編集部)

ギュンドアンが、サウジアラビア戦で自国のファンから大ブーイングを浴びる羽目になった【写真:Getty Images】