6月16日に迫った「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」。渡辺麻友の卒業、指原莉乃の不出馬で、今回1位の有力候補筆頭となったのが、松井珠理奈だ。5月30日に発表された速報では、第2位。昨年の速報と同じく、NGT48・荻野由佳に1位を譲る形となった。地元開催という追い風も期待はできるが、いまだ読めない選挙戦。そんななか彼女に速報発表後の気持ちをインタビューした。

――今年も、速報の結果は2位でした。

珠理奈:いや~ほんとですよ~! やっぱり、おぎゆか強いな、NGT48すごいなって思いました。ただ、今年も来ることはみんな大体わかってたと思うんです。リクエストアワー(今年は1月19・20日開催)でも、NGT48の曲がめちゃくちゃランクインしてたし。

――そこから、予感はあったと。

珠理奈:やばいかもしれないなってずっと思っていたので、やっぱりきたか!って感じです。でも、おぎゆかが1位になったりすることで、選挙も盛り上がると思うんです。誰が1位になってもおかしくないんだぞって、改めて思わせてくれる状況になったので。……私とかSKE48のメンバーとかを応援してくださるみなさんからすると気が気じゃないかもしれませんが(笑)。一般的に見て、面白くなってきたと思います。

――ちなみに、速報の票数は昨年より4302票もアップしていましたね。

珠理奈:毎回思うんですけど、速報って1日だけの結果じゃないですか。なのに、去年より伸びてるんですよね。ということは、みなさん今まで以上に時間をかけて投票してくれたんだって思うんですよ。もう、感謝しかないです。

――それに、単純にファンの人数が増えているのかもしれません。

珠理奈:投票してくれている人が増えたってことですよね。うん、それはあるのかな。今年は名古屋の街の方もすごく応援してくれているんですよ。お店とかに行くと「絶対1位になってください! 名古屋でやるんだし!」って言ってくれたりするんです。今まで、総選挙って“自分とファンの方”が力を合わせる“メンバーごと”の戦いだと思ってたんですけど……。

――今はそうじゃないと。それに知事や市長の応援もありますし、地域が一体になっていますね。

珠理奈:もちろん、今までも応援してくれていたと思うんですけど、だんだん表に出してくれるようになって。今は、みんなが一丸となっている感じです。さらにプレッシャーを感じちゃいますけど、そういった方たちの期待も背負って、自分のためというよりはSKE48のため、名古屋のために1位になりたいって思ってます!

――昨年からはプロレスファンの応援も増えましたよね。

珠理奈:本当に! 選挙期間が始まる前からすごく応援してくださっています。新日本プロレスの棚橋弘至選手の呼びかけも大きいですね。

――呼びかけ?

珠理奈:「珠理奈さんのおかげでプロレスを知らない人にも知ってもらえた。今度は僕らが恩返しする番です」って言ってくれたんですよ。で、そこから1年経って。今は(プロレスの)会場に行くと必ず「総選挙でチャンピオンになれよ!」って言ってくれる人が必ず1人はいるんです。私のファンじゃないですよ? プロレスのファンの方が、です。

――名古屋だけじゃなく、プロレスファンまで味方についたと。

珠理奈:1.4(新日本プロレスによるイベントの通称)でアンバサダーを務めたときも、「今度は珠理奈がチャンピオンになれ!」って言ってもらえました。「1位」じゃなくて「チャンピオン」って。

――そこも、珠理奈さんとしてはアツい部分ですね。

珠理奈:あと、会場で私を見かけた方が、「珠理奈」じゃなくて「ハリウッドJURINA」っていってくれることもあります。もう、アイドルじゃなくて、プロレスファンかプロレスラーとして見てくれているんですよね。それが、私にはすごくありがたくて。いろんな私を見てもらえて、応援してもらえるのはすごく嬉しいですね。感謝してます。

――本番まであとわずか。珠理奈さん自身は当日までどう過ごしていこうと思っていますか?

珠理奈:やっぱり選挙前っていうこともあって、めちゃくちゃ忙しいんですけど(笑)。たぶん、ファンの方のほうがずっと忙しいんです。寝る間を惜しんでとかして、私のことを応援してくださる方がいっぱいいると思うんで。だから、みなさんが頑張ってくれている分、私も頑張りたいって思います。今「忙しい」って弱音吐いてたら、1位になってもっと忙しくなったとき大変だし! 「全然大丈夫ですよ」って感じで、楽しく当日を迎えたいと思います。

――では、もし1位になったら自分はどう変われると思います?

珠理奈:真那(大矢真那/卒業生)には、「1位になったら卒業するの?」って言われたんですよ。SKE48の10周年に、名古屋で開催された総選挙で1位をとって卒業って、キレイすぎるほどキレイじゃないですか。確かに同期はみんな卒業しちゃったし、後輩の勢いも徐々に感じているのは事実です。だから、やりたいと思ったことが終わったら卒業なのかなって思うんですよね。でも、私的には卒業ってまだまだ全然先の話。今、私が見ている1位は「本当の松井珠理奈の始まり」だと思うんです。これまで、SKE48や48グループのことを思ってやってきましたけど、1位になれたら初めて“自分”にチャンスをもらえたんだなって思えるので。そこからの松井珠理奈は最強だと思います!

――その日が楽しみです。


珠理奈:……って、大きいことを言いましたけど(笑)。そう言っていないと押しつぶされてしまいそうなくらい、今年の総選挙はプレッシャーです。今までで一番。だから、みなさんの力が本当に本当に必要です。たくさん力をお借りして、はじめて笑顔で嬉し涙を流せる総選挙にしたいです!

取材・文/松本まゆげ

松井珠理奈