「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」の開票日が、6月16日に迫っている。SKE48にとっては、10周年という記念すべき年に名古屋で開催されるとあって、今まで以上に息巻くメンバーが多い。

 そんな今回の総選挙。速報で上位にランクインし注目を集めたSKE48メンバーといえば、一色嶺奈だろう。バイトAKBを経て、ドラフト2期生としてSKE48の正規メンバーとなった彼女。落ち着いた性格だが、うちに秘めたSKE愛は強く、ファンからの支持も厚い。それもあって、速報では1万3372票を獲得し10位につけた。

――速報発表時は、順位を聞くなり崩れ落ちていましたね。

一色:はい。あのときは、本当にただただ驚きました。ありがたかったです。実は私、その次の日に自分でも投票してみたんですよ。

――SHOWROOMで、ファンのみなさんと一緒にやっていたやつですね。

一色:そうなんです。で、やってみて改めて「手間がかかるんだな」って感じたんです。私なんて、20枚でもキツかったんですよ。同じページを行ったり来たりしちゃって、「今どのページにいるんだろう?」ってなったり(笑)。それに、シリアルナンバーもすごく長いんです! たしか16桁くらいあるんですけど、それを間違えずに打たなきゃいけないし……。それを、ファンのみなさんは1つ1つ繰り返しやってくださっているんだなあって。それも1日で。

――昨年の速報に比べて、7979票も増えているんですよね。(昨年は5393票)

一色:倍以上ですよ。本当に、ありがたいなって思います。嬉しいです。

――速報とはいえ、ここまでの票数アップはなかなかできないことです。この1年の一色さんの努力の結果でしょうか? 何か誇れることがあるとか。

一色:うーん……確かに、この票数はすごいと思います。でも、自分に誇れるものっていうのは……。それよりも、ファンの方のお陰ですね。嶺奈のファンの方って、嶺奈を押し上げようとしてくださるんですよ。上にのぼっていくのをただ観ているんじゃなくて、手伝いたい力になりたいって思ってくださるというか。だからこその結果です。

実は、速報発表をお母さんも観ていたみたいなんですけど、途中で「もう呼ばれないだろうな」って観るのやめようとしたらしいんです。でも、「もしかしたら、れなひゅーのオタはすごいことしようとしてるんじゃない?」っていうコメントを見たらしくて。観続けたら10位だったらしくて。

――すごい、その通りになったんですね!

一色:だから、ファンの方のお陰。ファンの方がくださったサプライズだと思っています。めちゃくちゃ嬉しかったですし、本当にありがたいです。

――「ありがたい」が何度も出てくるあたり、感謝の気持ちが伝わってきますね。じゃあ、本番に向けて手応えは?

一色:去年は、速報ランクインが目標だったんですけど、今年は速報も本番もランクインが目標なんです。なので……気合い、入ってますよ!

――ナゴヤドーム開催ですからね。

一色:そうですよ! しかも10周年だし。私は速報で“10”位だし。「縁起いいね」ってみんなで話していたこともあって、より気持ちが強いです。

――同期もたくさん入っていましたし。

一色:去年は、SKE48のドラフト2期生ってひとりもランクインできなかったんです。ほかのグループは、松岡はなちゃん(HKT48)とか結構入ってたんですけど。だから悔しくて。本番も「がんばろうね」って話をしているところです。あ、あと「一緒にランクインしようね」って話しているのは、末永桜花ちゃんと白井琴望ちゃん。こっちゃん(白井)なんて、去年私が速報で入ったときに、「おめでとう」って言ってくれたんですよ。普通、同期なら悔しいはずなのに。

――ライバル同士でもありますし、言えないほうが自然ですね。

一色:はい。でも、こっちゃんは言ってくれました。しかもそれだけじゃなくて、私がいないところでも「ランクインして嬉しい」って言ってくれてたみたいなんです。それが、救いにもなったので。

――今年は一緒に喜びあえたら素敵ですね。では、この好発進を受けて改めて目標順位は?

一色:もともと80位が目標なので、それ以下にはなりたくないです。で、80位より上に行きたい。

――速報を見た感じ勢いを感じますし、もっと上にしてもいい気がしますが?

一色:いや! 現実をみて80位です。というか、そんなにうまくいくほど簡単なものじゃないと思うんですよ。

――たしかに。何が起こるかわからないのが選抜総選挙ですからね。票数も昨年よりはるかに増えるようですし、油断はできないかも。

一色:はい。もう、不安で仕方ないです。

――不安をまぎらわす方法は?

一色:えー! まぎらわすことなんてできないですよ(笑)! ずっと不安。

――アニメ好きな一色さんのことだから、アニメでまぎらわしたりするのかなって思ったんですが……。

一色:うーん、できないですね(笑)。

――観ていたとしても不安なまま?

一色:速報直後は、ありがとうっていう気持ちしかなかったんですけど、これから本番っていうのを改めて意識すると、正直不安です。80位だって、実際は厳しいと思いますし。ただ、投票して、これだけ手間のかかる作業をしてくれてたっていうのもわかったので。速報でも十分支えていただいたけど、これからも一緒に、お願いします。

取材・文/松本まゆげ

一色嶺奈