今季は二冠達成の一方でCLはベスト8止まり「もっと勝ちたかったのは正直なところ」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、13歳で下部組織(カンテラ)に入団し、以降バルサ一筋を貫いてきた。今季は2年ぶりのリーグ優勝を飾った一方で、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではベスト8敗退。CL優勝は永遠の宿敵であるレアル・マドリードが果たし、どちらが良いシーズンを送ったのか議論が繰り広げられている。そんななか、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、バルセロナでアルゼンチン代表のキャンプを行っているメッシが、スペイン紙「スポルト」に自身の思いを語った。

「僕たちは(リーグとカップ戦で)二冠を達成して素晴らしい一年を送った。確かに、CLを優勝することには意味があり、それが世間を騒がせる。でも、だからと言って、我々の結果に意味がないわけではない。リーガ優勝とCL優勝は全く違う。バルサのシーズンは劇的だった。シーズンを通してたったの3敗。残念ながらそのうちの一つはCLだったが、それでも二冠は素晴らしい結果だ」

 メッシはリーグとカップ戦の優勝に胸を張った。CL優勝数を比べると、レアルの通算5回に対し、バルサは4回。レアルが今季三連覇を達成した一方で、バルサはここ7年間でわずか1回にとどまっている。これについては、「もっとCLで勝ちたかったのは正直なところだ」と述べている。

 CL準々決勝はASローマと対戦。ホームの第1戦で4-1と優勢に立ちながら、第2戦で0-3と敗れ、アウェーゴールの差で敗退の憂き目に遭った。メッシは「準々決勝敗退は起きてはならないこと。特に、今回はファーストレグでリードしていた。あのような負け方をしたことで、敗退がより辛いものになってしまった」と振り返った。


グリーズマン獲得の噂には「素晴らしい」

 レアルとリバプールが激突したCL決勝はウクライナの首都キエフで行われたが、メッシは母国アルゼンチンにいたために主にハイライトで何が起きたのかを確認したという。

 チームメイトのスペイン代表DFジョルディ・アルバは常にレアルの負けを望んでいるそうだが、との質問には「私はただ勝ちたいだけ。他のチームの結果に関心はない。だがバルセロナの選手としては、自分たちの出場していない(敗退した)大会で、我々のライバルに勝ってほしいとは思わない。でも、まず大事なのは、自分のチームが勝つということだ」と話した。

 決勝戦後にはレアルのジネディーヌ・ジダン監督が突然の退任発表をして世間を驚かせたが、メッシも「僕も驚いた。非常にびっくりした。全く予想していなかった」と言及。「彼には彼の理由がある。僕も自分の潮時を分かっている。彼がなぜ辞めたのかは私には分からないが、誰も彼を非難することはできない」と見解を述べている。

 今夏、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得を狙っているとされるバルサだが、これについての見解を聞かれると「僕はものを言える立場にはいない」と前置きしたうえで、「彼の優先順位が一番高いかどうかは分からないが、CLで再び優勝するにはベストプレーヤーが必要ということに異論はない。そしてグリーズマンはその一人だ。もし彼を獲得できたら、素晴らしい」と語った。


(Football ZONE web編集部)

メッシは今季リーグ戦で34得点を挙げ、2年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した【写真:Getty Images】