テレビアニメ「ゆるキャン」の舞台だとされる山梨内のキャンプ場の管理人が、「聖地巡礼」に来る一部ファンマナーの悪さに怒っているとツイッター上で紹介され、様々な意見が出ている。

夜景がきれいと人気のあるパインウッドオートキャンプ場で、管理人は、J-CASTニュースの取材に対し、「常識が分からない人が多すぎる」と不満をぶつけた。

ファンが撮影を断られたとツイッターで報告

「ゆるキャン」は、キャンプが好きな女子高生たちの日常を描いた漫画原作で、漫画誌「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)に2015年7月号から連載が続いている。アニメ化されて、TOKYO MXテレビで18年1~3月に毎週放送されるなどした。

パインウッドオートキャンプ場には、ファンが「聖地巡礼」で訪れているが、ファンの1人は2018年6月9日、この日に訪問して管理人写真撮影の許可めたものの、ファンマナーが悪いとして断られたとツイッター上で報告した。

ファン断で敷地に入って撮影していくとして、管理人は、かなり怒っていたという。このファンは、管理棟に出向いてあいさつし、撮影を断られたので、キャンプ場の雰囲気だけ味わい、お礼を言って帰ったとしている。

このツイートは、ネット掲示板上などでも話題になり、断で敷地内に入るファンらに厳しいが相次いでいる。

「ひとんち勝手に入って写真撮ったらそりゃ怒るだろ」
「敷地内には普通の客もいるのに写真撮られて良い気分はしない」
普通キャンプ払ってキャンプすればいい」...

「常識が分からない人が多すぎます」

一方で、「良い宣伝になってシーズンの利用客が増えるのに」とキャンプ場はもっとファンを有効利用すべきだといったや、「マナーの悪い一部のファンのせいで楽しみが減ってしまうのは残念」との不満も漏れていた。

パインウッドオートキャンプ場の管理人6月11日、取材に対し、9日の土曜日キャンプ利用者が定員に達しており、ツイートには写真撮影を断ったかもしれないと答えた。

そのうえで、聖地巡礼に訪れるファンについては、怒りをぶつけた。

常識が分からない人が多すぎます。断で入る人は、土日を中心にこれまで数十件もあり、中だって来る人はいます。『こんにちは』などと言ってあいさつに来る人は、10人に1人ぐらいですよ。ペットボトルなどのゴミを捨てていったりして、迷惑しています。物置や自販機の物や、お客さまの所有物がなくなったりしたこともありました」

あいさつに来れば撮影をOKしたいと言うが、ケースバイケースで対応しているそうだ。マナーが悪い人が多いとして、行政観光マップに載せたいなどと言って来ても、断っているのが現状だという。

キャンプの客にも迷惑だという(写真はイメージ)