赤い光で化学反応を起こす薬剤をがん細胞に取り込ませ、がん遺伝子の一つ「N(エヌ)RAS(ラス)」を狙い撃ちにする実験に成功したと、甲南大の研究グループが11日発表した。がんの増殖に関わるNRASたんぱく質が大幅に減少し、ほとんどのがん細胞が死滅したという。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

光によるがん細胞死滅の仕組み