2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、一般向けの五輪チケットについて、最高額を開会式の30万円、最低額を競技の2000円とする案をまとめたことが分かった。11日の理事会で了承された。7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会での承認を目指す。

 組織委は当初、12年ロンドン五輪を参考に最高額を約29万円、最低額を約2900円とする方向で検討していたが、有識者会議での議論を踏まえて価格帯の上下の幅を広げた。