他人にはなかなか区別が付きづらいほどよく似ている一卵性の双子。

米サウスカロライナ州に住むマーカスさんとマルコムさんも、そんな一卵性双生児だ。

Copy, Edit, paste. pic.twitter.com/aDaQglIEAa

— Marcus Williams (@marcus6096) 2018年5月2日

間近に自分とよく似た存在がいると悩みもあるだろうが、今回は「双子でよかった!」と思える愉快なエピソードをご紹介したい。

一生の思い出となるはずの高校の卒業アルバム。

個人写真の撮影日にマーカスさんは体調を崩して学校を欠席した。

でも大丈夫! マーカスさんの写真はきちんとアルバムに掲載されている。

my twin is the GOAT he took both of our pics for Picture day back in HS when I was sick pic.twitter.com/BdwRXLlaJ8
— Marcus Williams (@marcus6096) 2018年6月4日

僕の双子の兄弟はツワモノだ。

病気で撮影を休んだ僕にかわり、卒アルに2回も登場している。

そう、写真に写っているマーカスさん(右)は本物のマーカスさんではなく、兄弟のフリをしてポーズを決めているマルコムさんである。

マルコムさんは自分の撮影の前か後か。いずれにしてもマーカスさんのフリをして、ちゃっかり2度写真を撮ってもらったのだろう。

結果、誰にも気付かれることなく、アルバムには同一人物の写真が2枚掲載された。

マルコムさんは一方の写真では微笑みを浮かべ、もう一方では真一文字に口を結び神妙な表情でカメラにおさまっている。

それぞれ表情を変えたのは、2人であらかじめ相談して決めたという。

双子が仕掛けたイタズラに25万人が「いいね」し、6万人以上がリツイートした。

複数の海外メディアも報じており、「こういうの大好き」「よく考えたね」「だから双子は羨ましい」「ウケる」「お母さんに怒られなかった?」「これは誰も気づかないでしょう」と、人々の笑いを誘っている。

一卵性の双子、病欠した相方に代わり卒業アルバムの撮影を一人二役でこなす