今年の第71回カンヌ国際映画祭は、ハリウッドのハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題で始まった#MeToo運動を引き継ぐものでした。長編コンペティション部門の審査委員長はケイト・ブランシェット。会期中にはレッドカーペットの敷かれた階段に、ブランシェットをはじめとする82人の女性が登場する場面も。82人という数は、1946年にカンヌ国際映画祭が始まってから、現在に至るまでにコンペに選ばれた女性監督の数を表しています。

 そして今年日本で話題となったのは、是枝裕和監督の『万引き家族』がカンヌの最高賞であるパルムドールを受賞したこと。日本映画としては1997年の今村昌平監督作『うなぎ』以来、じつに21年ぶりとなる快挙です。審査委員長のケイト・ブランシェットが、安藤サクラの演技を絶賛したのも印象深い出来事でした。

『万引き家族』をめぐるナショナリズム的な意見

『万引き家族』は公開前から作品のタイトルをめぐって、ナショナリズム的な意見が目立ちました。万引きという貧困による犯罪を家族ぐるみで行う映画を作り、海外の映画祭や映画館で上映するのは、日本の恥部を世界に晒す行為ではないかという懸念です。でも、どんな国でも貧富の差はありますし、貧しい人々を描いた映画は世界中で毎年大量に制作されているものです。はるか昔から海外で高い評価を受けている日本映画も、殺人や団地妻の不倫や当たり屋などを扱いながら、それで経済成長が疑われるようなことはありませんでした。映画とは社会文化の一部の切り取りであると我々も認知しながら海外映画を観ているのだし、そこは危惧を抱く必要はないと思います。

 また『万引き家族』に関しては、内容に対しても誤解が先行している印象を受けます。正直、タイトルに「万引き」を冠しているのは、ちょっと狙いすぎかもしれません。これについては、監督が途中から『声に出して呼んで』というタイトル案を出していたのに対し、プロデューサーがインパクトを優先して『万引き家族』で落ち着いたとのこと。確かに話題性としては完全にプロデューサーの勘が当たっていましたね。

『万引き家族』で「見捨てられた人々」を描いた是枝監督

 主人公の柴田家の人々は祖母の初枝(樹木希林)の年金を頼りにしつつ、一家の大黒柱である治(リリー・フランキー)は肉体労働、妻の信代(安藤サクラ)はクリーニングの下請け労働、妹の亜紀(松岡茉優)は本番なしの風俗といった仕事をし、まだ子どもである祥太(城桧吏)は万引きで生活用品を補う生活をしています。ある冷え込んだ夜の帰り道、治と祥太は団地の廊下に幼い女の子がひとりでいるのを見つけます。室内からは激しいDVの騒ぎが外まで響き渡っており、そんな親たちに引き渡せる雰囲気ではありません。とはいえ少女を冬の夜更けに放置するわけにもいかず、彼らはひとまず彼女を自宅に連れ帰ります。

 この映画に集約されるテーマを表すなら「見捨てられた人々」でしょう。柴田家の者たちはみんないわく付きであり、息子や両親から、または犯歴によって社会から見捨てられています。そして人間が一度孤立してしまうと、社会に再び溶け込んでいくのはいっそう難しくなってしまうもの。柴田家は一見、社会から隔絶しつつも、それぞれが家族の役割を果たし幸せそうに見えます。けれどもそんな絆で結びついているはずの家族ですら、「見捨てる」「愛情を偽る」行為への疑惑が、頭(こうべ)をもたげてくるのです。

目黒区で起こった幼女虐待死事件を連想する

 この映画自体に強い政治的意図は感じません。貧困が犯罪につながりやすいのは世界的に同じであるし、どこの国の政権下においても、市民の中には不条理な出来事や怠惰などの事情で、最小単位の家族を作り上げることに失敗し、身を滅ぼしていく層がいて、本作はそんな人々を描いた作品です。特に幼児に対する虐待やネグレクトに重点が置かれているため、この映画の感想としては、つい最近目黒区で起こった幼女虐待死事件を連想したり、児童福祉司の不足問題に目が向くのも自然でしょう。封切り前から騒がれた本作ですが、もし事前に反発を抱いていたとしても、一応鑑賞して、本当はどういう映画なのかを確認するのも大事だと思います。

是枝監督「祝意辞退」の真意とは

 もうひとつ、この映画はタイトルの印象へのバッシングに加え、是枝監督の民主主義観が保守的な人々を刺激しました。パルムドール受賞後、フランスのフィガロ紙が「安倍首相が珍しく一切の祝福コメントを出していない」と報道。その後、林文部科学相が是枝監督を文科省に招いて祝意を伝える考えを示しましたが、監督が自身のホームページに「公権力とは潔く距離を保つ」と記して辞退を表明しました。その一連の出来事と、『万引き家族』が国の助成金で作られていることに矛盾を感じた人がいたようです。

 このことがクローズアップされたのは、攻撃的な保守派の人々の声の大きさと無縁ではないでしょう。タイトルだけで激しい拒否反応が生まれるような状態では、監督の今の一挙手一投足が思いがけない意味を持ってしまいます。祝意を受けるために文科省へ赴けば、それはまた監督の意図を越えた、不本意なプロパガンダに使われてしまうかもしれません。

「日本映画の魅力や多様性を強化し、その基盤を維持する」ために

 改めて、文化庁の「日本映画製作支援事業」の定義を確認してみましょう。「我が国の映画製作活動を奨励し、その振興を図るため、優れた劇映画、記録映画の製作活動を支援する。新たに、日本映画の魅力や多様性を強化し、その基盤を維持するため、中小を含む制作会社や新進映画作家向けの助成枠を設ける」。

 多様性の強化をうたっているのだから、審査はあっても検閲が入ってはいけませんし、もちろん国威発揚映画を撮らなければならないような条件はありません。日本は「表現の自由」が約束された国であり、助成金に対するプロパガンダ的な見返りを求めないのが本来の姿です。

 助成金は「優れた劇映画」を作るための支援です。カンヌでパルムドール受賞を果たした『万引き家族』は、まさに正しく助成金の目的が達成された例といえるでしょう。

(真魚 八重子)

審査委員長をつとめたケイト・ブランシェット ©getty