米朝首脳会談でトランプ大統領が「共同声明には盛り込まなかったが、拉致問題についても話をした」とコメントしたことについて安倍総理は12日夕方、官邸で記者団に「トランプ大統領に感謝したい」と述べるとともに、「日本が直接しっかりと北朝鮮と向き合い、二国間で解決をしていかなければならないと決意をしております」とした。


ーー米朝首脳会談の結果をどう受け止めますか。


 まずはじめに、今日の米朝首脳会談に至るまでのトランプ大統領のリーダーシップと努力に対して、心から敬意を表したいと思います。


 今回の米朝首脳会談において、朝鮮半島の完全な非核化に向けた金正恩委員長の意思をあらためて文書の形で確認した、このことを北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩と支持いたします。そして私たちにとって、日本にとって重要な、大切な拉致問題について、先般トランプ大統領に対して私からお話をしたことを、しっかりと言及していただいたことを、高く評価いたします。拉致問題について明確に提起していただいたことについて、トランプ大統領に感謝したいと思っています。詳細についてはトランプ大統領と電話でお話をして伺いたいと思っております。


 今後も拉致・核・ミサイルと北朝鮮を巡る諸懸案について解決を目指して、日米で、日米韓で、また中国、ロシア、国際社会としっかりと連携しながら全力を尽くしていきたいと、こう考えています。


 もちろん拉致問題については日本が直接しっかりと北朝鮮と向き合い、二国間で解決をしていかなければならないと決意をしております。


ーー拉致問題について共同声明で触れられていませんが、いかがですか。


 合意文書については米側から説明がすでにあった通りであります。


 しかし拉致問題について最終的に解決をしていくのは、まさに日本の責任において、二国間の問題として日朝で交渉しなければならない問題であります。その意味において、まずはトランプ大統領が直接金正恩委員長に対してこの問題を解決すべく、解決する必要性について言及した、提起した、これは初めての事であります。米国の大統領が金正恩委員長に対して明確に言及したということは初めての事であり、日本としてしっかりとこの問題について全力を尽くしていく、そして日本と北朝鮮との間で解決をしなければならない問題であろうと、このように考えております。


▶最新情報はAbemaNewsチャンネルで生放送中。