8日『必殺!バカリズム地獄』(AbemaTV)が放送された。世にあふれる“鬼ギレ”の声に耳を貸し、悪行を働く不届き者たちをバカリズムがイラストによって地獄に送るという、ストレス解消系バラエティ番組だ。

 ゲストの“鬼ギレ”エピソードを紹介するくだりで、椿原愛は深夜の1時頃、自身の電話に非通知の電話が何度も掛かってきたことを明かす。普段は怖くて電話を無視していたそうだが、お酒を飲み多少酔った状態のときに1度、電話を取ってしまった。


 すると電話口からは「ハア、ハア」と、いかにも怪しい息遣いが聞こえてきて、「愛ちゃんの新作のDVD見てるよ」と、椿原を特定する発言をしてきたという。酔ってはいたがさすがに怖くなった椿原は即座に電話を切ったが、その後も電話は毎日のように掛かってきたそうだ。

 電話番号がバレた理由について、椿原は「私が思ったのは、宅急便の人かなと思ったんです」「本名が芸名なので、それでバレちゃったのかなと思って」と推察。


 現在は非通知の電話は着信拒否にして、宅配も母親の名義で送付してもらってるというが、バカリズムは「怖いわ、気を付けよう」と他人ごとではない様子だった。


(C)AbemaTV