普段から生徒のことをしっかりと見ている教師というのは、たとえ臨時教師であっても生徒からの信頼も厚く、日々深いを育んでいるのだろう。先ブラジルのとある学校で感動的なサプライズがあり、その様子がFacebook投稿されるとたちまち拡散した。『Reshareworthy』『LittleThings』『Sunny Skyz』などが伝えている。

ブラジル西部教師をしているブルーノラファエルパイヴァさんは、産休を取っている教師の代理で2か半だけセアラー州ブレージョ・サントにある専門学校「Balbina Viana Arrais」へと赴任してきた。しかし代理教師となる申請手続きはブラジルでは非常に複雑で対応が遅れていたこともあり、ブルーノさんの名は給与支払い名簿に記載されず2か半の給料が未払いとなっていた。

家族は約80キロ離れたクラトに住んでおり、経済難に陥ったブルーノさんは1人でブレージョ・サントで生活することができず、学校で寝泊まりをする生活を強いられていたのだ。大好きな教師の生活苦を知ったクラスの生徒らは、なんとかしてブルーノさんの苦を救おうと思い立った。そして5月15日いつものようにブルーノさんが教室に入ってくると生徒らは教壇の横に置かれていた机の小を開けるようブルーノさんに告げた。

を開けたブルーノさんは、そこに400レアル(約12,000円)が入っていることに驚き、「だろう!? どうやってこのお金を集めたんだ?」と尋ねた。実は生徒らはブルーノさんに内緒で学校チョコレートを売って小銭を稼いだり、多くの人にラッフルチャリティーのためのくじ)を購入してもらったりしてお金を集めたのだ。予想もしなかったギフトを貰ったブルーノさんは、感極まり言葉を失った。生徒らから拍手されるとブルーノさんは教壇のん中に立ち、静かに涙をこぼした。それを見た生徒らは、一斉に立ち上がりブルーノさんのもとへ駆け寄りハグをした。多くの生徒からのハグは、まさに彼らの情そのものであった。

ブルーノさんはこの出来事を自身のFacebook投稿し、このようにっている。

「給料未払いのまま1か半が経って、今もまた給料が支払われないことを知り落ち込んでいました。生活費の支払いができず家族を助けることもできない状態で不安になり意気消沈していたところに、このサプライズがあったのです。生徒らの思いやりに救われました。私は教師仕事が大好きでこれまでにも多くのクラスを担当してきましたが、これほど素晴らしいクラスを見たことありません。かを思いやる気持ちを持ち、かのために何かをすることができる心を持つ生徒たちの姿こそ、私が信じるべき未来なのです。」

今回取材を試みたテックインサイトにも、ブルーノさんはこのようにってくれた。

「私が臨時で働いたこの学校は、ブラジルの州でもレベルが良く模範とすべき学校で、そのような場所で働けたことはとても幸せでした。結局、給料は今のところ1か分だけ支払われたのですが、そのほとんどはこの2か半の間にお金を貸してくれた人たちへ返しました。幸いにも借はなくなりましたが、残りの未払い分がきちんと支払われることを願っています。このストーリーが、ブラジルに広まったことだけでも驚きなのに、オーストラリアアメリカイギリスイラクなど世界各地で取り上げられていると知り、ただ驚きしかありません。私は日本の文化にもとても興味があるので、日本でもこのストーリーが伝えられることをとても嬉しく思っています。Facebookを通していろんな方から貰った多くの温かいメッセージにとても感謝しています。」

Facebook投稿された心温まる動画を見たユーザーらからは、「ブルーノさんが良い教師だからこそ、素敵なサプライズギフトを得ることができたんだろうね」「これぞ生徒から尊敬されている素晴らしい教師ね」「生徒との美しい」「生徒の情とサポートに感動した」「思いやりのある素敵な生徒さんたちだね。ブルーノさん、良かったね」といったコメントが寄せられている。

画像は『Reshareworthy 「Students Surprise Unpaid Teacher After They Learn He Is Living At The School」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト