「今、一番脱げるシンガーソングライター」として話題沸騰の藤田恵名が6月20日にニューシングル「言えない事は歌の中」を発売する。アーティストであり、グラビアアイドルとしても活躍する藤田は、「シンガーソングラドル」として、水着ライブや全裸ジャケットなどセンセーショナルな挑戦を続け、注目を浴びている。

【大きい画像を見る】【インタビュー】脱ぐことは戦うこと……全裸ジャケット&水着ライブで話題のシンガーソングライター・藤田恵名


 シンガーソングライターでありながら“脱ぐ”ことをいとわない藤田はどんな思いから現在に至ったのか。音楽との出会いから、全裸ジャケットやビキニライブへの思いを語ってもらった。

--- 新曲「言えない事は歌の中」はどんな楽曲になっていますか?

普段、生きている中で、言えないことや自重することが多いと思いますが、「これをSNSに書いたらダメなのだろうな」という気持ちも歌の中なら許されるのではと思うところがあります。そんな気持ちを、あわよくば自分の言葉や歌詞に共感してくれる人がいればいいなという思いでを書きました。最近、聞けば聞くほど含みが出るような歌詞を書けるようになりたいなと思うようになり、今回はいつも以上にその思いが強かったです。男女問わず、気持ちを外に出せない人にこそ聞いてほしいです。私と一緒に、“戦闘力”をあげてほしいなと思います。



--- 藤田さんの表現では“戦闘力”がひとつのキーワードになっていますが、“戦闘力”を感じるのはどんなとき?

今、全裸グラビアをやって、水着姿で歌っている中で、誹謗中傷とかを浴びれば浴びるほど戦闘力があがるのですよ。アウェイな場所にいればいるほど、「この人たちを味方につけることができたらどんなに嬉しいだろう」と思って、そのときに戦闘力があがるのかなと思います。

--- イロモノと観られていると感じる?

感じます(笑) ネットニュースでは画像だけが先行して世に出ることが多いと思いますが、それを見て、「真剣に音楽やれよ」とか……そういう書き込みを見ると、私の曲はまだまだ届いていないのだなと思います。そういった誹謗中傷で私のフラストレーションはいい意味でたまっていきます。私を批判している人がいつか私の曲を聴いたり、私のライブを観てくれ、「悪くないな」と思われればいいなと思います。そういう人の耳にも、いつか私の音楽が届いてほしいです。



--- 最初に、歌に出会ったキッカケは?

3歳か4歳のときに、セーラームーンの歌を親の前で歌い、すごく褒められたのですよ。それが嬉しくて、耳に入る曲や、幼稚園で習った曲を親の前で披露していました。もっと褒められたいという気持ちから歌が好きになり、気付いたら歌手を志すようになっていました。

--- 本格的に歌を始めたのは?

小学校3年生のときに、新聞の隅に「ダンス&ボーカルレッスン生募集」の広告を見つけて、「通いたい」と言ったのがキッカケです。中学校のときに吹奏楽部をやっていて通えない時期もあったのですが、小学3年生から19歳までスクールに通いました。

--- 初めて、人前に立って歌ったのは?

10歳のときです。ショッピングセンターに、スクール生が歌うことができるステージがありました。そこに1人で出たり、歌いながら踊るユニットを組んで4人歌ったりしていました。10歳ながらに人前で歌うことに快感を覚えてしました。そんな私の歌手になりたいという夢を、お母さんがすごく応援してくれました。


--- 歌詞を書き始めたのは?

中学1年生のときです。言葉を書いたポストイットが流行っていたことと、当時、いじめに遭っていて友達と遊べなかったので、ノートに思ったことをいっぱい書いていました。詩やイラストを投稿する雑誌を読んでいたこともあり、見よう見まねで歌詞を書き始めました。

--- 高校卒業後、19歳のときに福岡から上京していますが、上京するキッカケは?

高校在学中から事務所にも入っていてCDも出していたのですが、そのときはガールズバンドでドラムをやっていました。「本当は歌を歌いたいんだけどな」と思っていたのですが、なかなか言い出せなくて。ただ、そんなときに、乳がんと肺がんで闘病していたお母さんが余命を宣告されました。「幼いころから歌手になることをお母さんに応援してもらっていたのに、私はなんでドラムをやっているのだろう」という気持ちになりました。もう1回、お母さんに、私が歌っている姿を見せようと決心し、上京しました。それから、東京で路上ライブなどの活動を始めました。



--- お母様に歌っている姿は見せられた?

お母さんは、私が20歳のときに亡くなってしまいました。東京で歌う姿を見せることはできなかったのですが、ちょこちょこ福岡に帰っていました。東京で自分が歌う姿をビデオカメラで録画して、そのビデオを流しているスクリーンを携帯電話で撮影し、携帯の画面でお母さんに見せていました。お母さんは、「頑張っているんやね」と言ってくれました。お母さんをライブに呼びたかったという気持ちは今でもあります。

--- ミス東スポ2014に応募したのは?

最初の事務所で撮影会をやるようになったのと同時進行で、私は自分がエントリーされていることも知らなかったのですが、ミス東スポ2014の書類審査に合格しました(笑) 私は九州出身なので「九州スポーツ」になるのですが、「えっ、ミス東スポって、あの九スポ(九州スポーツ)でしょ? バス通学をしていたときに、前の席に座っていたおじさんがニヤニヤしながら読んでいた、あの新聞では……」と思いました(笑) でも、あれよ、あれよという間に、グランプリを頂いてしまいました。

--- 2016年8月24日リリースのメジャーデビューとなるミニアルバムで全裸ジャケットをやりましたが、あれは、ご自身のアイデアだった?

そうです。私のグラビアには需要があるのだ、止めてしまうのはもったいないなと思って、グラビア活動は続けていました。グラビアには、写真集やDVDで手ブラをしたりなど、ヌードっぽくなっていく順序があるような気がして、このままグラビアアイドルを続けていたら、自分もその順序通りになるのかなと思っていました。それなら、メジャーデビューCDのジャケットで全裸になれれば本望だなと思いました。最初で最後のつもりだったので、「CDで脱げるなら本望です」と自分から言って、ポーズも自分で提案しました。



--- 全裸ジャケットの反応は?

よくも悪くもいっぱいありました(笑) 中には「大丈夫なの?」と心配してくれる方もいました。当時は、最初で最後のつもりでしたし、話題にしてもらったので、「作戦、成功!」という気持ちがありました。

--- 全裸ジャケットの後に、ビキニライブをやりましたが、全裸ジャケットをやったことでご自身にどんな変化が起こった?

全裸ジャケットで、“さらけ出す”ということができたかなと思います。自分の秘密を言葉で言うよりも、全裸ジャケットはすべてをさらけ出しているので、ためらうことなく私という人間をそのままライブに持ち込むことができるようになりました。



--- 藤田さんが書く歌詞は内面だったり自分自身に向けられていることが多く、目に見える外部の敵などが登場しない場合があると感じます。藤田さんにとっての“戦闘”は、どこに向けられた、何のための戦いなのですか?

フラストレーションがたまったときに、対象が私には見えないのです。批判している人の顔も分からなくて。でも、相手からは私が見えています。以前、「アウト・デラックス」(CX)という番組に出たときにマツコ・デラックスさんから「あなたは、落ちぶれていく人の代弁者になりなさい」と言われたことがあります。その言葉がズシンときて、もしかしたら、そういう人たちの代弁者になれるのかもしれないと思いました

--- 7月のバースデイワンマンライブは水着でやりますか?

ビキニで出るのだろうなと思っています。服を着るタイミングを完全に見失っているので(笑) 水着ライブをやめるときは、「グッバイ、脱衣ライブ」みたいにちゃんと区切って止めたいです。「もう脱がないぞ!」という日がいつかは来るのかなあと考えることもあります。水着ライブは叩かれることがあるのですが、話題にしてもらえたり、叩いてもらえたりしているうちは、この感じを貫くことができればと思っています。

--- 全裸ジャケットや水着ライブは、今となっては表現の一部になっている?

そう思っています。ブルーハーツさんとか、男性のロッカーは上半身裸で歌ったり、演奏したりする人がいて、なぜ女性でそうする人がいないのだろうと思っていました。「暑いから脱ぐ」という単純はことでよくて。今の私は「どう見えようが関係ないじゃん、だって服が煩わしんだもん」というところまで行きついてしまっています。もちろん色眼鏡で見られることもありますし、グラビア体形なのでエロい感じに見えてしまうかもしれないのですが、仮に私がすごく細くて、おっぱいがなかったとしても、全裸に行きついているのだなと感じています。



--- 脱ぐことは、藤田さんにとっては、戦うことですか?

戦うことです。全裸ジャケットも、水着ライブも、目に見えない何かと戦っているのだと思います。ライブで戦い終えて、疲れ切って、「今日はいいライブができた」と思えることが生きがいです。

-これからも、“脱げるシンガーソングライター”は絶好調?

絶好調です!【ほかの画像を見る】【インタビュー】脱ぐことは戦うこと……全裸ジャケット&水着ライブで話題のシンガーソングライター・藤田恵名
【インタビュー】脱ぐことは戦うこと……全裸ジャケット&水着ライブで話題のシンガーソングライター・藤田恵名