政府の「すべての女性が輝く社会づくり本部」(本部長・安倍首相)は12日、セクハラ問題に関する省庁の緊急対策を決定した。財務省の福田前事務次官のセクハラ問題を受けたもので、省庁の幹部職員にセクハラ防止研修受講を義務化することなどが柱。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら