映画アウトレイジビヨンド』などへの出演で知られる俳優新井浩文が、6月10日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。お笑い芸人の千原ジュニア俳優三浦己とともに、映画俳優のギャラ事情についてっていた。

2002年の『』に準役として出演した新井高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞するなど、高い評価を得て出世作となる。その際に、「凄いお金いっぱいもらえると思った」が、実際のギャラは、役の松田を除く全員が10万円だったという。事務所の取り分が3割、徴収で1割が引かれ、手元に残ったのは6万円だったとか。

この事実を知った視聴者たちがTwitterで、

“準役のギャラが手取りで6万円…(´Д`)”
映画出演のギャラがびっくりするほど安い”
“そんなものなのか……小劇場と大差ない”
“え、ほんとに!?あの最高な映画!?新井浩文さんの最高すぎる演技が!?10万円!?!?

と驚きのを上げている。

新井は「俳優って、特に映画ではあまり(ギャラを)もらってないってみんな知らない」「今、日本には映画俳優って一人もいない。みんなCMドラマか何かで補っている」と、日本に”映画俳優”が存在しない理由を明かしていた。

“ほんとそーだよね。映画俳優いなくなったよね…”
映画スターという職業が死滅しているの今気づかされた”

と、映画俳優が存在しない事実に気づいたという

“酷すぎない?いくらなんでも。予算何に使ってるの?”

制作費の内訳に興味を示す

“長い日時や俳優としての努に対しての対価がこれでは…海外日本の差が違いすぎますね。知人の制作スタッフ監督からお話を聞くと、同じように割りに合わない事が多いと思います”(原文ママ

海外較して、日本映画産業の違いを嘆くもあった。

ちなみに、新井がギャラについて言及したのは初めてではなく、

仕事を選ぶ決定権ない、自分のギャラ知らない、ありえないから事務所に言おう。事務所の人間は聞こう。。。これ、大事。”
“うちはデビュー前から仕事選んでるし、ギャラも全部知ってるよ。”

ツイートしたり、

映画関係者の方、今いっぱいに台本持ってきた組は、ギャラ30%OFFにしますよ。つまんない台本持ってきたら、50%上乗せします”

と独自のキャンペーンって、注を浴びたこともある。現役で活躍する俳優銭面について裸々にることはレア。裏側をぶっちゃけ続けることで、労働環境が見直されていけばいいのだが……。

飛鳥 進)

■関連リンク
新井浩文が明かす 日本映画俳優がいないワケ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/10/kiji/20180610s00041000177000c.html

2018年には、公開予定を含めると5作品に出演。立派な"映画俳優"といえる ※この画像はサイトのスクリーンショットです(新井浩文所属事務所公式サイトより)