株式会社東洋館出版社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:錦織圭之介)は、アーセナルでも活躍するドイツの司令塔がその人生のすべてを語った、『メスト・エジル自伝』を2018年6月15日に刊行します。ドイツ代表、シャルケ、ブレーメン、レアル・マドリード、W杯優勝、アーセナル…。読み始めたら止まらない! 新世代フットボーラーの自伝です。

ドイツ最強の司令塔の決定的自伝!

書籍サイトURL:https://amzn.to/2sOAm6E


名将も絶賛の“魔法使い”エジルはいかにして生まれたのか

「代表チームに欠くことのできない存在。
いつもピッチに特別な瞬間をつくりだしてみせる!」
――ドイツ代表監督 ヨアヒム・レーヴ

「あの美しいパスやトラップ、得点は忘れられない。
メストのような選手は監督がつくるものではない。あれは生まれつきだ」
――マンチェスター・ユナイテッド監督 ジョゼ・モウリーニョ


「僕はシャワーを浴びながら物思いにふけっていた。あんなふうに監督に叱責されたのははじめてだ。自分の意識を揺さぶられたのもはじめてだった。あれは何だったのだろう。偉大なモウリーニョはどうして僕に赤っ恥をかかせたのか。何を伝えようとしていたのだろう。
 その夜――2012年9月30日、午後9時ちょっと前、僕は今までしたこともない大きな問いを自分に向けて発するようになった。それから何週間も自問自答した。僕は何者で、どこへ行きたいのだろう。その質問に答えるため、僕は自分の人生を振りかえりはじめた……。」

 敬愛する師、ジョゼ・モウリーニョに人生最大級の叱責を受けたエジルは、自分の人生について振り返り始めた。彼は、どのようにしてサッカー選手となり、頂点まで上り詰めたのか。まともなボール一つ買えない貧しい少年時代、トルコとドイツの二つの国籍による葛藤、プロ選手になってからぶつかった、いくつもの壁、夢にまで見たレアル・マドリード時代、W杯での激闘、そして、アーセナルへの移籍……。本書には、彼の夢、差別、挑戦、成功、挫折、栄光が生々しく語られている。


フットボールを愛する人には読み応え抜群の内容

 試合が始まる前、エジルは必ずピッチでアッラーに祈りを捧げる。そうすることで彼の神経は研ぎ澄まされ、クオリティの高いプレーを生み出すことができる。
 本書では、こうした彼の成功するための姿勢や習慣を紹介している。さらに、モウリーニョを始め、ヨアヒム・レーヴやアーセン・ヴェンゲルといった当代きっての名将たちとの交流も記述されている。
 エジルファン、アーセナルファン、ドイツ代表ファンのみならず、すべてのフットボールファンの胸を熱くする自伝となっている。


[著者プロフィール]
メスト・エジル(Mesut Ozil)
1988年10月15日、ドイツ、ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン生まれ。サッカー選手。ポジションはMF。ブンデスリーガのシャルケ04、ヴェルダー・ブレーメン、さらにはリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードを経て、現在はプレミアリーグのアーセナルFCに所属。高いテクニックと広い視野、類い希なるパスセンスの持ち主でアシストを量産。

小林 玲子(こばやし れいこ)
1984年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。早稲田大学院英文学修士。主な訳書に『君はひとりじゃない スティーヴン・ジェラード自伝』(東邦出版)、『人生はジャイアントキリング! ジェイミー・ヴァーディ自伝』(日本文芸社)、『クリエイターになりたい!』(柏書房)『世界一おもしろい国旗の本』(河出書房新社)などがある。

[書籍情報]
書 名:メスト・エジル自伝
著 者:メスト・エジル
翻訳者:小林玲子
判 型:四六判
頁 数:324
発売日:6月15日
価 格:1800円
I SB N:978-4-491-03537-6
発行元:東洋館出版社
URL:https://amzn.to/2sOAm6E

配信元企業:株式会社 東洋館出版社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ