金持ち

(AH86/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

普段の生活の中で「もっと幸せになりたい」と思うことや「もっとお金が欲しい」と考えたことがある人は、きっと多いはず。

ではもし、自分の人生が二つしか選べないとしたら「幸せな貧乏」と「不幸な金持ち」のどちらを選ぶだろうか。

■「幸せ貧乏」を選ぶ人が多数

しらべぇ編集部は全国の20~60代男女1348人に、人生をどちらか一つしか選べないとしたら「幸せだけど貧乏」と「不幸だけどお金持ち」のどちらを選ぶか、調査を実施した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「幸せだけど貧乏」と答えた人が66.4%、「不幸だけど金持ち」の人が33.6%。お金よりも、幸せでありたいと考える人が6割を超えた。

■社会人になるとお金が大事?

なお職業別では、学生で「幸せだけど貧乏」を選んだ割合が78.9%なのに対して、会社員では64.1%。14ポイントもの差が現れている。

学生のうちは、「貧乏でも幸せだったらいい」と考えていられる余裕があっても、いざ自分が社会人になると、自分の力でお金を稼ぐ大変さを知る人が増えていくのかも。

(©ニュースサイトしらべぇ)

さらに、自分が「恋愛体質だ」と思っている人の中で「幸せだけど貧乏」を選んだ人の割合は71.4%にもなった。「恋愛体質ではない」人よりも7ポイントも高い。

「愛さえあれば、お金はいらない」の言葉通り、恋愛にはまってしまいやすい人は、恋人といて幸せであれば、貧乏でもいいと思う傾向にあるのかもしれない。

やはり「幸せになる」ことは、「お金持ちになる」ことより大切だと考える人が多いと判明した今回の調査。

年収が高い人は、仕事が忙しく、責任の大きな仕事も多いため、プライベートな時間がなかったり、ストレスをためていたりする場合もあるだろう。また経済力がある国よりも、新興国の幸福度が高い場合もある。お金があればあるほど、幸福になるわけではないのだ。

そもそもお金を使って自分の欲しいものを買ったり、美味しい食事をしたりするのは、幸せな気分を味わうためにすること。お金があっても、不幸になってしまったら本末転倒なのかもしれない。

・合わせて読みたい→貧乏人は人生を損している? 「子供がかわいそう」との声も

(文/しらべぇ編集部・ヨシダ ボブ

「幸せだけど貧乏」 vs 「不幸だけどお金持ち」 どっちの人生を選ぶ?