家庭用ゲーム機を置いた「ゲームバー」と呼ばれる飲食店で、販売元の許可を得ずに客にゲームをさせたとして、京都府警などは13日、京都市の「ゲームバークランツ」経営、西尾勇樹容疑者(32)など京都市内と神戸市内の経営者ら男4人を著作権法違反(上映権の侵害)容疑で逮捕したと発表。ゲームバーの摘発は全国初。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

京都府警が押収した家庭用ゲーム機とソフト=京都市中京区の中京署で2018年6月13日午前11時19分、中津川甫撮影