NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌&「西郷どん紀行」テーマソング「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」を6月20日にシングルリリースする城南海。アイスが大好きという彼女に、いつでも食べたくなるアイスBEST3を直撃!上位には、地元・九州ではおなじみのアイテムがランクイン。ぜひ現地に訪れた際にはチェックしてみてください。また、今回のシングルに込めた想いや制作裏話、この夏の目標まで語ってもらいました!!

【城南海 プレゼント企画開催!】
6月13日に掲載されたランキング記事にキーワードが出ているので探してください!詳しい応募方法は、6月13日に掲載されているプレゼント企画記事をチェック!!

【1位】「白くま」

言わずと知れた鹿児島のアイス、白くまが堂々の1位です(笑)。鹿児島に住んでいたことがあるのですが、鹿児島のお店で注文するととっても大きいんです!山盛りの氷に練乳と果物がたくさん乗っていて。それを友達と一緒にシェアしながら崩して食べるのが好きです。東京に来たら食べられないかなと思っていたのですが、コンビニで売っていたのでとても嬉しかったのを覚えています。コンビニの白くまは果物も凍っていますよね。シャーベットみたいでそれも好きです。

【2位】「おゴリまっせ」

みんな知らないかもしれないけど、九州ではとっても有名なアイスです。ココアアイスがミルクアイスで包んであって、中に練乳が入っているのですが、私のお兄ちゃんがこのアイスがとっても好きで。私はお兄ちゃん子だったので、真似をしてこのアイスをよく食べていました。「ブラックモンブラン」という九州のアイスも東京で販売しているので、同じようにこの「おゴリまっせ」も販売して欲しいです!今年の夏は体をたくさん動かしたいので、その後に食べたいですね(笑)。

【3位】ピノ

最後はピノです。アイスって一度食べ始めると最後まで食べきらないといけないじゃないですか。でもピノは一粒だけ食べて残りを冷凍庫に入れておくこともできる!そのひと粒のサイズ感も食べやすくて好きです。それにピノは開けた時に星とかハートの形をした幸運のピノが入っていることがあるので、そのワクワク感も大好き。箱に入っているのはもちろんのこと、個包装されたピノがたくさん入っているアソートも友達とシェアできるのでオススメです!

■シングル「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」についてのコメントが到着!

このシングルは2曲ともNHK大河ドラマ『西郷どん』の楽曲で、私の故郷の奄美大島を舞台にしたシーンの劇中歌と「西郷どん紀行」のテーマソング。自分が生まれ育った大好きな故郷を舞台にした作品で、歌えるっていうのはとても幸せなことだと思っています。ただ、方言での作詞がとても大変で(笑)。私が話す方言と、西郷さんたちが暮らした地域の方言は実は違うんですね。西郷さんと、西郷さんお島妻・愛加那さんが暮らした地域の言葉で書いて欲しいとのことだったので、現地の人に聞きながら作詞をしていきました。

「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」は、海の側で愛加那さんが薩摩に帰る西郷さんを見送る光景をイメージして書きました。海の風を感じる場所や、雄大な自然を感じられる場所で聴いて欲しいですね。「愛加那」は月の光の下で大島紬を織りながら、いなくなってしまった西郷さんのことを想う情景で作った曲なので、月が綺麗な夜に窓の外を眺めながら聴いてください。

この夏の目標ですか?毎年掲げている目標なのですが、今年も泳げるようになりたいです。島の人って泳げない人が多くて。私たちにとって海って気合を入れて「よし!泳ぐぞー!」っていう場所じゃないんです。夕日を眺めたり、プカプカと浮く場所っていう認識なので、今年こそクロールとか覚えてちゃんと泳げるようになりたいですね。あと友達がボルダリングに誘ってくれたので、ボルダリングも挑戦したい!夏なので泳いだり、ボルダリングしたり、いっぱい体を動かしたいです!

九州でお馴染みの味を東京でも!城南海がいつでも食べたくなるアイスBEST3