大東建託は6月14日から6月28日まで東京・お台場で開催される「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」において、「VRでキーパー体験」「ラブカメラで撮影体験」を実施する。

「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」は、大東建託がサポーティングカンパニーを務めるサッカー日本代表を盛り上げるためのスポーツコミュニティイベント。

「VRでキーパー体験」は、VRヘッドセットとコントローラーを着用して、仮想空間で相手選手が繰り出すシュートをセーブするキーパー体験ができる。セーブした数に応じて、日本代表のレプリカユニフォームやタオルマフラーがもらえる。

「ラブカメラ」はデジタルサイネージの前で撮影者同士が触れた瞬間に自動で撮影が始まる撮影システム。今回ブースに設置されるラブカメラでは、スタジアムに立っているような臨場感のある写真が撮影できる。

 

▲VRキーパー体験でもらえるプレゼント。セーブできなくてもオリジナルクリアファイル(右下)がもらえる。

 
●イベント実施概要
・イベント名:ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018
・開催場所:お台場ウェストプロムナード 〒135-0091 東京都港区台場1丁目8-1
・アクセス:新交通ゆりかもめ「台場駅」 徒歩3分
・開催期間:2018年6月14日(木)~6月28日(木)の15日間
・主催:ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018 実行委員会

 
(Text by TKG)

●関連リンク
大東建託

大東建託、VRキーパー体験を実施! 日本代表レプリカユニフォームプレゼントなど