独・ポルシェAGは6月8日、ポルシェ ミュージアムにて「ポルシェ スポーツカー70周年」特別展のオープニングセレモニーを開催した。

セレモニーには、バーデン・ヴュルテンベルク州首相のヴィンフリート・クレッチュマン氏、シュトゥットガルト市長のフリッツ・クーン氏、連邦交通・デジタルインフラ省政務次官のシュテファン・ビルガー氏、さらに政治、ビジネス、コミュニティの各分野から多数の代表者が出席。ポルシェAG監査役会会長のDr.ヴォルフガング・ポルシェ氏、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメ氏、およびポルシェ AG監査役会副会長のウーヴェ・ヒュック氏も、多くのゲストとともにポルシェ ブランドの誕生を振り返った。

「ポルシェ356 "No.1" ロードスター」は1948年6月8日にナンバー登録を受けて以来、このブランドは、単なるスポーツカーをはるかに超えたものを生み出してきた。つまりポルシェは、スポーティな走行体験と自動車の革新、デザインおよび機能性におけるイノベーションの代名詞となったという。

この特別展では、ポルシェがスポーツカーの開発を決定的に推進し、方向付けてきた1948年から今日に至るまでの数多くの物語とマイルストンを展示している。その目的は、過去70年間にわたるポルシェの目覚しい躍進にハイライトを当てることにあるという。1948年の伝説的な「ポルシェ356 "No.1" ロードスター」から、純粋な電気自動車である「ポルシェ タイカン(ミッションE)」まで75を超える展示品によって、ブランドの過去と未来についての洞察を公開するものとなる。

なお、日本では6月16・17日に富士スピードウェイにて「Porsche experience Day 2018(ポルシェ エクスペリエンスデイ 2018)」 を開催し、ポルシェブランド誕生70周年というアニバーサリーを、ポルシェ オーナーやファンとともに祝う。
(エボル)

画像提供:マイナビニュース