エレコムは6月12日、ハードウェアマクロ機能を搭載するワイヤレスマウス(4モデル)を発表した。6月下旬より発売する。
○M-DC01MBBK

「M-DC01MBBK」は、2.4GHzワイヤレスとBluetooth 4.0という2つの接続方式をサポートするワイヤレスマウス。価格は16,000円(税別)。

ボタン数は「8」で、ホイールの上下左右と合わせて、12カ所にコピーや貼り付けなどの機能を割り当て可能。左右ボタンには耐久性に優れるオムロン製スイッチを採用した。

キーボードやマウスの一連の操作を1クリックで実行するハードウェアマクロ機能を搭載。マクロの登録は1ステップずつの手動入力で行えるほか、操作した通りに記憶するレコーディング機能に対応。登録したマクロやボタンの機能割当などは、4つまで本体に保存しておける。

センサーには、従来のBlue LEDセンサーが進化した「Ultimate Blue」光学式センサーを採用し、ほぼすべての場所でマウス操作が可能になった。カウント数は、50~3,000カウントの範囲を50カウント単位で調整可能。スクロールホイールは、ホイールの引っかかりがない高速スクロール機能と、1行ずつ正確に移動できる通常スクロールに対応。本体上面のボタンで切り替える。

電源には単3形乾電池×2本を使用。想定使用期間は約500日(Bluetooth時約536日)。電波到達距離は、磁性体で3m、非磁性体で10m。対応プロファイルは、HOGP(HID Over GATT Profile)。本体サイズはW76×D123×H44mm、重量は約96g。対応OSはWindows 7 / 8.1 / 10 / RT8.1、Mac OS X 10.13以降。
○M-DWx01DBBKシリーズ

「M-DWx01DBBK」シリーズは、続方式が2.4GHzワイヤレスのみのモデル。S / M / Lサイズの3モデルを用意。価格はともに16,000円(税別)。

ボタン数は「6」で、進む/戻るボタンを装備し、表計算ソフトなどを操作しやすくなるサイドホイールも搭載している。電源にはLサイズとMサイズが単3形乾電池×2本を、Sサイズが単4形乾電池×2本を使用。想定試用期間は全モデル約684日。

本体サイズは、SサイズがW63×D97×H41mm、重量は約71g。MサイズがW71×D109×H40mm、重量は約76g。LサイズがW81×D126×H45mm、重量は約100g。そのほかの仕様はほぼ共通。
(リアクション)

画像提供:マイナビニュース