2018年7月から放送開始のテレビアニメ「殺戮の天使」の、PV第2弾と放送情報が公開。さらに、追加キャストが決定した。

追加キャストは大塚芳忠で、自らを「神父」と名乗る、謎めいた初老の男・グレイを演じる。

ビルの地下の最下層で目を覚ました13歳の少女・レイチェル。彼女は記憶を失い、自分がどうしてここにいるかさえ分からずにいた。地上を目指し、ビルの中をさまよう彼女の前に現れたのは、顔を包帯で覆い、死神のような鎌を持った殺人鬼・ザックだった。 密閉されたビルから脱出する2人の決死行が始まる。

今回公開されたPVでは、レイチェルとザックの他に、グレイやレイチェルの主治医を名乗る男・ダニー(CV:櫻井孝宏)や、ビルのB4フロア主の男の子・エディ(CV・藤原夏海)、ビルのB3フロア主のサディストの女看守・キャシー(CV:伊瀬茉莉也)が登場している。

放送は2018年7月6日(金)から、AT-X、TOKYO MXほかでスタート。また、6月30日(土)に第1話先行上映会も決定。レイチェル役の千菅春香と、ザック役の岡本信彦が登壇予定となっている(ザテレビジョン)

アニメ「殺戮の天使」PV第2弾場面カットのレイチェル