AIソリューションを手掛けるRevatron株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:浅田麻衣子)は、2018年6月13日(水)に、高価なLiDARを安価なAI 2.0技術に置き換える車載ソリューションを発表しました。
  革新的なAIソリューション企業であるRevatron株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:浅田麻衣子)は、2018年6月13日(水)に、カメラのみで自動車が物体の距離や動きを学習できる世界初のスマートカメラを発表しました。当カメラ・ソリューションは、車両の動きを補うことによって、動いている物体を静止物体と区別することもできます。このカメラは、処理時間1ミリ秒以下のリアルタイムAIエンジンを搭載しています。リアルタイムが特徴の処理と超低遅延学習は、運転支援アプリに最適化されています。

 本ソリューションは、機械学習と3Dモデリングに焦点を当てたリアルタイムAIソリューションであるRevatronのDOORs(Direct Object-Oriented Reality system:ダイレクトオブジェクト指向リアリティシステム)技術に基づいています。カメラは、3D測定のために1つから3つのカメラ入力をサポートすることができます。DOORsカメラのパッシブレーダーとしての設計は、複数の同期カメラ入力の三角測量から3Dデプス情報を学習します。単一のカメラ入力のみを使用する場合、カメラは三角測量の基礎として独自の移動経路を使用します。

 弊社は、過去数年間、日本の大手自動車メーカーとのDOORsカメラのコンセプト・デザインを検証してきました。Revatronは、これらの屋外試験の結果を使用して、DOORsカメラに無数の修正、調整、改良を組み込みました。プロトタイプ設計のリアルタイムAI機能は、株式会社ソシオネクストのA11プロセッサとFPGAアクセラレータで実行されます。Revatronは2018年にNABとISC Westのトレードショーでデモンストレーションを行い、現在は自動車、バス、トラック、重機機器を対象としたDOORsカメラの生産に向けて自動車サプライヤーと積極的に取り組んでいます。

 自動車産業は、低消費電力、高解像度、安価なLiDARのオルタナティブ・ソリューションを求めてきました。基本的に、LiDARはオブジェクトの影が盲点になるという課題を抱えた回転型レーダーシステムですが、大きく、重く、高価であり、軽量小型化のうえで大量生産に至るまでのハードルが高いというデメリットがあります。LiDARを使用する典型的な自動運転システムは、約1.5秒で車の周りに限られた3Dモデルを構築するためには、車載として耐えきれない電力消費量を必要とする可能性があります。

 そのソリューションとして、DOORsカメラは、ドライブレコーダーと同等の小さなサイズで、周辺エリアの音声警告や情報を提供するためのアクセサリとして車両のどこにでも搭載できる完全受動機器です。DOORsカメラは、光または信号を発しないカメラ入力のみから周囲の3D構造を学習します。DOORsカメラは、GPSと速度データの両方が利用可能な場合、周囲のオブジェクトの正確な動きを提供することができます。

 Revatronは、自動車市場での可能性を最大限に活用するために、DOORsのカメラデザインを低コストでコンパクトなデバイスに共同して変更するパートナーを積極的に求めています。Revatronは大量の自動車サプライヤーや大量生産のためのメーカーにDOORsカメラのデザインをライセンス供与することに前向きの姿勢です。
出典:The original material was developed by Daniel Scharstein and Richard Szeliski of Middlebury University Vision Laboratory
http://vision.middlebury.edu/stereo/data/
DOORsカメラは、周囲の物体の3D構造を直ちに学習し、運転可能な道路と不可能な道路を2Dカメラより、容易に区別可能となり、誤認率も下がります。上記の画像は、DOORsカメラがリアルタイムでキャプチャした輪郭(左)とデプスマップ(右)を示しています。

 6月13日(水)から15日(金)にかけてパシフィコ横浜で開催される画像センシング展でRevatron株式会社は出展し、DOORsの展示を行ないます。また、6月15日(金)13時半より、弊社代表浅田による講演も予定しておりますので、詳細は主催者までお問い合わせください。



■Revatron株式会社(レバトロン)とは―
Revatronは、大規模なコンピュータチップ設計のベテランパイオニアのチームによって設立された日本法人で、リアルタイムの人工知能の世界で画期的な設計と最新のイノベーションの性能特性を開発しています。 Revatronは、ビデオステッチング機能を備えたワイヤレスVRおよびARのための破壊的なテクノロジーを提供、展開、および商業化することによって、革新的な力を実証してきました。この技術は、2016年のIDFで米国Intel社のCEO、ブライアン・クルザニッチのライブデモンストレーションで紹介されたように、商用アプリケーションへの移行に成功しました。現在、ハイパースケーラのクラウドによる導入のため、技術を移行中です。
※Intel社のデモページはこちら
https://www.altera.com/solutions/industry/computer-and-storage/applications/enterprise/vr-streaming.html


■お問合せ先
Revatron株式会社
TEL: 03-5859-0155
E-mail: Contact@Revatron.com


■免責事項
本資料は、正確性を期すべく作成されていますが、完全性を保証するものではありません。また本資料の作成にあたり、当社に入手可能な第三者情報に依拠しておりますが、スペックや構成等は保証するものではなく、事前の通知なく変更される可能性があります。本資料には将来に関する予定が含まれ、事前の通知なく変更される可能性があります。

配信元企業:Revatron株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ