サントリー食品インターナショナルが販売するペットボトルコーヒー「クラフトボス ブラウン」の商品体験会が6月13日、都内で開催され、「クラフトボス」シリーズのCMに出演するゆりやんレトリィバァと、特別ゲストとして伊藤淳史が登場。ゆりやんは「クラフトボス ブラウン」を一緒に飲みたい人は「成田凌さん」と話し、ラブコールを送った。

 6月19日(火)から新たに発売される「クラフトボス ブラウン」は、ブラックコーヒーにミルクポーションとガムシロップを1 個ずつ加えた甘さを想定した、ペットボトルコーヒー。コーヒーの豊かな香りや、満足感がありつつもすっきりと飲める、軽やかな甘さが特徴だ。


 ゆりやんはCMに出演した感想を問われると「元々大好きなボスさんで、しかもずっとCM見てきましたので、自分も『クラフト ボス』で出させていただくことに驚きました」と感慨深げ。続けて「マネージャーから『今度ボスのCM決まりました』って言ってもらったんですけど、まさか『ボス』と思わず『ブス』のCMやと思っていたんです」とボケをかまし、会場を笑いに包んだ。


 これまでに出演した「クラフト ボス」シリーズのCM撮影では、他の共演者と会う機会があまり無かったというゆりあん。だが、近日公開される新CMの現場では「全員集合みたいな感じでできた」と振り返り、「こういう言葉使う方あまりおられないんですけど、楽しかったです」と、ゆりやん節を交えて喜びを語ると、MCが「まんまやん」とツッコむ一幕も。ゆりやんは「現場めっちゃ楽しくて」と笑顔を見せ、撮影の合間には、同じくCMに出演する杉咲花と“先輩後輩ごっこ”をして遊んだことも明かした。


 その後、ゆりやんは「クラフトボス ブラウン」を試飲すると、「おいしい。ブラウンはちょうどよい甘味ですよね。甘すぎず、すっきりして最高です」と絶賛した。MCが「こんな場所で、こんな人と飲んでみたいなってありますか?」と聞くと、「風鈴が鳴っている縁側で、おこがましいんですけど、成田凌さんと…」と妄想を炸裂。「今回の撮影で今までで一番お話させてもらったんですけど、成田さんと喋っていたらなんかホッとしたんです。おそらく、成田さんもそう思われていると思うんです」とうなずいた。

 するとここで、2007~2010年まで「贅沢微糖」のCMに出演していた伊藤淳史がステージに登場。伊藤と初対面というゆりあんは「お会いできて嬉しいですし、光栄なんですけど」と前置きしつつ「これは微糖ではないんです。ブラウンなんです」と主張。それでも「ブラウンは結局微糖っていうことですよね?」と納得しない伊藤に、ゆりやんは何度も「違うんです」と熱を込めて否定し続けた。


 すると伊藤は、「役者界ではブラウンと呼ばれているんです」と突然の告白。かっこいいブラックコーヒーのような役者でもなく、歌って踊れるラテのような役者でもないが「ほんのちょっとだけ、そのどちらも表現できる。まさに役者で言うところのブラウン」と説明した。さらに「本当に調子乗ってすみません」と伊藤が謝罪すると、すかさずゆりやんが「調子乗っちゃって」とギャグを披露し、伊藤は「ありがとうございます。いただきました」と嬉しそうにコメントした。

 また、今回の商品体験会には、キャンペーンでコラボレーションしているLINEのキャラクター・ブラウンも駆け付け、抽選で当たる「クラフトボス ブラウン」の限定ラベルをゆりやんと伊藤にプレゼント。

 ゆりやんがハリウッド女優に扮した、お得意の英語風スピーチで喜びを語ると、伊藤も続けてマイクの前に立ち、涙ぐむような表情を見せ「こんな素敵なスピーチが聞けて、贅沢だ!」と決め台詞を披露。「まさか生で見せていただけるとは思っていなかったので。本当に贅沢なスピーチをありがとうございます」と、感激した様子だった。

テキスト・写真:水野梨香