7回2死一、三塁のピンチで抑えてピンチ脱出、5連勝に大きく貢献

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が12日(日本時間13日)、本拠地パイレーツ戦に5番手で登板。2点リードの7回2死一、三塁のピンチでマウンドに上がり、見事な火消しで失点を防いだ。チームは13-8で勝利。平野に今季13ホールド目がついた。

 ダイヤモンドバックスは初回に6点を先制。3回にも2点を加えたが、4回に先発バックホルツが4失点を喫した。その裏に2点を追加するも、5回に1失点。そして、7回にも1点を失い、なおも2死一、三塁とピンチが続いた場面で、平野が5番手でマウンドに上がった。

 相手に流れを渡したくない場面で、ロドリゲスをカウント1-2と追い込むと、最後はスプリットでニゴロ。ピンチを切り抜けた。

 その裏、ダイヤモンドバックスは3点を追加。すると、平野は8回も続投。先頭ハリソンにはスプリットをライト前に運ばれたものの、ディッカーソンはスプリットでニゴロ。走者は二塁に進めたが、続くマルテも直球で右直に仕留め2アウトとした。ここで左打者のモランを迎え、降板となったが、6番手のシップリーが三振に打ち取り、無失点でこのイニングを終えた。

 平野は17試合連続無失点。1回1安打無失点で防御率は1.55。ダイヤモンドバックスの5連勝に大きく貢献した。(Full-Count編集部)

17試合連続無失点となったダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】