今年に入り「ビットコイン」のGoogle検索数が75%減少し、投資家が仮想通貨への関心を失っているのではという懸念が浮上している。だが、米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は6月12日、米CNBCで「その心配はない」と語った。

【その他の画像】

 比較に挙げられたは世界の歌姫、ビヨンセだ。スーパースターが集結するコーチェラ音楽祭が開催された4月に「ビヨンセ」の検索数が一時上回った場面があったが、それを除けば「ビットコイン」の検索数の方が安定的に上回っているという。

 先週末からビットコインの価格は急落し、7000ドルを下回っている。ケリー氏は、ビットコインの次の動きがどうなるかを判断する重要な水準がいくつかあると語った。

 ケリー氏の推定では6500ドルの水準がマイニングコストを完全に減価償却した価格に相当するとし、「もしマイナーが18カ月おきに新しいマイニングマシンを購入しなければならないと仮定すると、マイニングコストは5900~6000ドル前後になるだろう。その結果、6500ドルがサポートラインになる」とした。

 また、6800ドルがレジスタンスラインになると言い、「私自身投資家として、6800ドルを突破する時に買いに出る方がいいと思う」と語った。

イメージ