ホームセンター業界最大手のDCMホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:久田宗弘)は、コストを抑えて低価格化を実現した「DCMブランド LED電球」の第2弾として、これまでのE26口金タイプに加えてE17口金タイプを、2018年6月22日(金)より、全国のDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマック・DCMサンワ・DCMくろがねや・ケーヨーデイツー店舗にて販売いたします。
 省エネ意識の定着や電気料金の値上げ、地球温暖化対策などを背景に、消費電力が少なく長寿命のLED電球の市場は、今後も拡大が見込まれています。一方でLED電球は、白熱電球と比べて高価なため買い換えの障壁となっている実情もあります。そこで当社では、設計寿命の見直しをはかることでコストを抑えた低価格のLED電球(E26口金)を開発しました。これを昨年12月にオリジナルブランドとして発売して以来、多くの方々から反響をいただく当社の人気商品となっています。そしてこの度、口金の小さなLED電球(E17口金)をラインナップに加えて展開することで、LED電球の普及促進をはかります。

■圧倒的なコストパフォーマンスを実現した小型タイプのLED電球!買い替えや省エネ化をサポート
 この度発売する「DCMブランド LED電球」(E17口金)は、従来高価格帯であるLED電球に比べ、40W形相当で398円、60W形相当で598円とお求めやすい価格を実現し、小型電球タイプE17口金の買い替えを促します。また、広配光タイプを採用したほか、昼白色と電球色の2種類をそれぞれご用意し、シーンにあわせて明るさや色合いを選ぶことができます。さらに脱衣所や浴室などで使用される密閉形器具にも対応し、汎用性の高い商品となっています。

 また本商品は、2017年度省エネ法目標基準値※1を達成し、白熱電球と比較して電気代は約88%カット※2できます。当社では、より快適な空間を提供するとともに、白熱電球からの更なる買い替えの促進と省エネ化に貢献してまいります。

※1省エネ法2017年度目標基準値。LED電球の基準値はエネルギー消費効率において、昼白色・昼光色で110lm/W、電球色で98.6lm/W。
※2一例として、当社LED電球 電球色60W形相当(消費電力6.5W)と一般小型電球60W形(消費電力54W)との比較。

【商品概要】

配信元企業:DCMホールディングス株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ